【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.6「宮本亜紗美」(V・ファーレン長崎サポーター)――“応援するきっかけはマスコットでもイケメンでも良い”

カテゴリ:Jリーグ

宇都宮徹壱

2015年12月25日

「旦那にはアウェーの岡山戦で出会いました(笑)」

元々は「V・ファーレンTV」のレポーターを務めていたという宮本さん。サッカー好きになったきっかけはフリューゲルスの試合を目にしたことだっという。写真:宇都宮徹壱

画像を見る

「身近にクラブがあることが大事」
宮本亜紗美(V・ファーレン長崎サポーター)
 
 さっきはお電話をいただいたのに、何だか変な対応ですみません。最近、結婚したばかりで、すぐに「ハイ、宮本です!」って言えないんですよね(笑)。
 
 実は、独身時代に『V・ファーレンTV』っていうケーブルテレビ番組でレポーターをしていたんです。小さい番組でしたけど、アウェー戦での突撃取材で対戦相手のサポーターとワイワイやらせていただいたのは、良い思い出です。旦那も長崎サポで、岡山でのアウェー戦で出会いました(笑)。
 
 サッカーを観るようになったのは両親の影響です。私が子どもの頃、フリューゲルスが(特別活動地域として)長崎でも試合をやっていたので、よく一緒に観に行きました。その後、九州では試合をやらなくなっても、ずっとフリューゲルスを応援していたんですが、ああいう形でなくなってしまって……。あの時は私も(クラブ存続のための)署名活動したんですよ。
 
 それからしばらく経って、05年に長崎にJを目指すクラブができると知ったんです。なんだかフリューゲルスの生まれ変わりのように感じられて、このチームをずっと応援していこうと思いましたね。結局、地域リーグからJFLに上がるまで4年、そこからJ2に上がるまで4年かかりましたけど、焦ったことはほとんどなかったです。どんなカテゴリーであっても、身近にクラブがあることが大事なんだって思っていますから。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ