【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.3「宮本奈苗」(愛媛FCサポーター) ――壮大な構想を持ちながらクラブの後押しを

カテゴリ:Jリーグ

宇都宮徹壱

2015年09月25日

いずれ愛媛FCのコンシェルジュ検定試験を作りたい。

『おもてなしステーション』で来場者たちのサポートをする宮本さん。毎回、家族と一緒にチームを応援していると話す。写真:宇都宮徹壱

画像を見る

「それぞれの持ち場でクラブに貢献できることを」
宮本奈苗(J2 愛媛FCサポーター)
 
 ホームゲームがある日は、いつもニンスタの2番ゲートの近くにある『おもてなしステーション』に、キックオフから30分後くらいまでいます。
 
 どういうことをするかというと、初めてスタジアムに来たような方にお声がけして、チャントの歌詞やコールの内容を書いたカードを渡したり、その日の注目選手を教えたり。なにも知らずに、誰とも関わることなく観戦するよりも、そっちのほうがきっと楽しいだろうし、また来ようと思ってくれるんじゃないかと。
 
 クラブも協力してくれますが、現時点ではあくまで自主的な活動です。そもそもクラブもスタッフが少なくて、あちこち手が回らないことは誰もが知っていますし(苦笑)。
 
 この『おもてなしステーション』には、実は壮大な構想があって、いずれは愛媛のコンシェルジュ検定試験を作ろうと考えているんです。
 
 クラブの歴史とか、ニンスタは何人収容できるかとか、そういう基本的なことから始まって、ニンスタのどこでビールを売っているかとか、赤ちゃんのおむつを替えられるところはどこかとか。その試験に合格した人には、特別なビブスを着てもらって、コンシェルジュとしての責任と誇りをもって参加してもらいたいんです。
 
 ボランティアの活動って、やっぱり人を集めるのが難しいですよね。みんな試合が観たいわけですから。ですので、それぞれの持ち場でクラブに貢献できることを目標にしているんです。
【関連記事】
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.2「井上三郎」(川崎フロンターレサポーター)――太鼓での応援を通じて仲間が増える
【新連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.1「盟主」(アビスパ福岡サポーター)――ネットの世界から現実の世界へ
【連載】月刊マスコット批評③「一平くん」――シンプルゆえの強み
【連載】月刊マスコット批評②「ナツメグ」――ダメはダメなりの存在感
【新連載】月刊マスコット批評①「ザクミ」――南アフリカらしさが凝縮された秀逸なセンスが光る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ