• トップ
  • ニュース一覧
  • 「まだ、半分を成し遂げただけ」町田FWデュークが悲願のJ2初優勝へ意気込み! ホーム最終戦の金沢戦へ、J1初昇格決定も緩みなし

「まだ、半分を成し遂げただけ」町田FWデュークが悲願のJ2初優勝へ意気込み! ホーム最終戦の金沢戦へ、J1初昇格決定も緩みなし

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年10月28日

黒田監督のメッセージは「とてもクリア」

J2初優勝を渇望するデューク。J1昇格決定も「半分、足をかけているというところ」と気を引き締める。写真:永島裕基

画像を見る

 10月22日、FC町田ゼルビアは敵地で行なわれたJ1第39節のロアッソ熊本戦で3-0の完勝。3試合を残して悲願のクラブ初となるJ1昇格を決めた。高校サッカー界きっての名将である黒田剛監督は、就任初年度で見事に結果を残した。

 昇格と並ぶ大きな目標の初優勝に王手をかけた状態で、同29日にホーム最終戦のツエーゲン金沢戦を迎える。今シーズン最後の町田GIONスタジアムでの大一番を前に、FWミッチェル・デュークにインタビューを実施した。

 オーストラリア出身で32歳のデュークは、母国のクラブを経て2015年に清水エスパルスに加入。その後、オーストラリアやサウジアラビアでプレーし、21年に再来日してファジアーノ岡山に在籍。今季、町田に完全移籍で加入した。

 母国代表メンバーの常連でもあり、昨年開催されたカタール・ワールドカップでは、全4試合にスタメン出場。グループステージのチュニジア戦(1-0)で186センチの長身を活かしたヘディング弾を決めるなど、ベスト16入りを牽引した。

 クラブ初のW杯スコアラーであるFWは、新天地の町田で開幕直後からスタメンに定着。エリキとの強力な2トップを形成し、31試合で8得点を挙げてきた。

 インタビューの前編では、今季のチームの出来や、金沢戦への意気込みなどを訊いた。

――◆――◆――
――J1昇格決定、おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

 まだ、半分を成し遂げただけです。我々の目的は、J2優勝と昇格でした。昇格はできましたけど、まだ優勝はしていないので、今は、半分、足をかけているというところですね。

――デューク選手から見て、黒田監督はどういう指揮官でしょうか。

 黒田監督から発信されるメッセージは、とてもクリアです。何をやったら良いかが全て、選手には伝わっています。とても、分かりやすいです。

 今季は、新加入だった私も含めて、たくさんの選手が変わりました。シーズン中も、いろいろな選手が試合に出ました。そのなかでも、監督が選手からしっかりと信頼を得ています。みんなが信じて、ついていっています。素晴らしい監督だと思います。
【関連記事】
「今季はJ2を勝ち抜くためのサッカー」初昇格の町田、黒田監督は“J1仕様”のスタイル確立へ意欲「トップを争えるチーム作りをしたい」
「経営者のよう」J1初昇格を果たした町田、藤田社長は黒田監督の“マネジメント力”に脱帽!「ウチのグループ会社でも結果を出しそう」
町田DF太田宏介が絶賛する黒田監督の手腕「今までの監督たちと比べても長けたものがある」
「接し方が少し違います」町田MF下田北斗が思う黒田監督の凄さとは? 長崎戦での衝撃ミドル弾も解説「相手が来ないのが分かったので...」
最悪なのは裸の王様状態。黒田剛がそれに気づくうえで重要だった青森山田時代「雑草抜きまでやってきた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ