• トップ
  • ニュース一覧
  • 最悪なのは裸の王様状態。黒田剛がそれに気づくうえで重要だった青森山田時代「雑草抜きまでやってきた」

最悪なのは裸の王様状態。黒田剛がそれに気づくうえで重要だった青森山田時代「雑草抜きまでやってきた」

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年08月08日

分担作業したいのにできない時代

青森山田時代に培った経験について語ってくれた黒田監督。写真:塚本侃太(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 FC町田ゼルビアを率いる黒田剛監督がチームをまとめるうえで重視しているのが、「独りよがりにならない」スタンスだ。

「監督が頭でっかちになって、あれもできるこれもできる、あれもやりたい、これもやりたい、あれやっとけ、これやっとけ、というのは独りよがりで裸の王様状態。それが組織にとって最悪な状況。学校経営やホームルーム経営にしても、小さい組織でもすごく神経を使って、みんなが同じベクトルの方向に進んでいく。これが組織の進み方としてすごく重要です」

 では、なぜそのような考え方になったのか。背景には、青森山田に携わった30年間の蓄積がある。

「その30年の中で私ひとりの時代も長かった。ウォーミングアップも監督業もやれば、1日3試合も4試合もやるわけで、チーム数が多くなれば全部を見ないとダメ。何千キロとバスを運転したり、色々と分担作業したいのにできない時代も経験しています。その苦しみを理解しているし、だからこそ一つひとつの仕事の重みや重要性もすごく分かっています」
 
 その経験があって、今はむしろ良かったと考えている。

「いきなりプロの生活に入っていたら、多分そこへの感謝や一つひとつの仕事の重みや責任をあまり感じなかったかもしれません。(青森山田時代は)長年、ひとりで練習相手を見つける作業、マネージャー的な業務、グラウンド整備から芝生の管理、雑草抜きまでやってきました」

 だから、黒田監督は「細部までアンテナを張れる状態になっている」。分担作業は重要だが、とはいえ「組織の中に人がいればいるほど良いわけではない」とも思っている。

「適材適所を意識して、みんなでその仕事を高め合ったり共有していく。それが組織としてすごく重要。スポーツ競技の組織に限らず、なんでも一緒です」

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【動画】黒田監督が語る「組織論」

【厳選ショット】宮澤ひなたが今大会5得点目!3得点で2大会ぶりのベスト8進出!|W杯 ラウンド16 日本女子3-1ノルウェー女子

2023明治安田生命J2リーグ第30節
FC町田ゼルビア-ジュビロ磐田
8月12日(土)18時キックオフ
町田GIONスタジアム
町田で一番のお祭り「青城祭」開催!ハーフタイムには花火が打ちあがります! 

チケットの購入はこちら
【関連記事】
「腹立たしい」「耐えられない」日本に敗れたノルウェーのエースが辛辣な批判に反論!「あまりにもナンセンスよ」
【黒田剛監督の持論】経営者必見の組織論「最悪な状況なのが…」「コーチングがスタッフの自己満足で終わってはよくない」
「こんな試合をしていたら話にならない」「受け入れ難い事実」ショッキングな3失点を喫した千葉戦で黒田監督が抱いた危機感「すごく良い薬になった」
「高卒即プロは正直、高校生みたいなもの」黒田剛監督が日本のサッカー界で「少しずつ変えていきたい」こととは?
「理想や上手いサッカーというよりもまずは…」町田旋風を支える黒田剛監督の“揺るぎない信念”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ