• トップ
  • ニュース一覧
  • 「接し方が少し違います」町田MF下田北斗が思う黒田監督の凄さとは? 長崎戦での衝撃ミドル弾も解説「相手が来ないのが分かったので...」

「接し方が少し違います」町田MF下田北斗が思う黒田監督の凄さとは? 長崎戦での衝撃ミドル弾も解説「相手が来ないのが分かったので...」

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年10月11日

「今までは言われてこなかった点を指摘される」

下田は黒田監督(写真)から新しい刺激を受けているという。写真:滝川敏之

画像を見る

 最終盤に突入しているJ2リーグで、トップに立っているFC町田ゼルビア。第38節終了時点で、荒天のため延期された秋田戦が未消化で1試合少ないなか、2位の清水エスパルスに勝点5差をつけて、クラブ初のJ2優勝とJ1昇格に向けて邁進している。

 シーズン開幕前から、スタッフ・選手ともに積極的な補強で注目されていた。監督には青森山田を名門に育て上げた黒田剛氏、ヘッドコーチにはサガン鳥栖で監督経験がある金明輝氏を招へい。選手は、大量19人を獲得した。

 MF下田北斗も、大きな期待を受けて新加入した。2014年のプロ入り以降、甲府、湘南、川崎、大分に在籍してきた31歳は、ここまで26試合に出場して2得点をマークしている。

 そんなレフティに、インタビューを実施。第1回では38節・甲府戦(3-3)に向けて古巣での思い出などを語ってもらった。甲府戦で下田は、ボランチの一角でスタメン出場して、89分まで攻守に渡って奮闘した。

 第2回では、黒田監督や自身の今シーズンの出来について訊いた。
 
――◆――◆――

――黒田監督は、どんな方でしょうか?

 今までのプロの監督とは、選手に対する接し方が少し違います。プロの監督さんは、もちろん皆さんそれぞれ違うけど、似ている部分もあると感じます。何となくですけど、その世界でやってきた常識というか、言語化が難しいのですけど…。

 黒田監督は、そういう概念というか、プロでは今年が初めてということもあってか、今までは言われてこなかった点を指摘されることもあります。それが、自分たちにとって、新しい刺激になっています。「あ、そういう考え方もあるんだ」と。

 また、勝負に対するこだわりも強いです。当然、どの監督も持っていますが、なかでも黒田監督は、強いこだわりというか、勝つために、どう戦っていくかからの逆算。そういったところから、チームを作っていると感じます。

――どういった指摘を受けるのでしょうか?

 まず、選手に妥協させないというか、チームとして求めていることは、しっかり求められます。球際、切り替え、ハードワークは大前提。それらの面では、絶対に相手に負けないでやろうというのは、常に、試合前のミーティングでも言われています。
【関連記事】
「優勝に向けて落とせない」町田MF下田北斗が古巣の甲府戦に意気込み! 元同僚で新人時代の伊東純也を回想「変わらないと思うけど...」
「試合で躍動する姿を見て化け物だと」太田宏介が引退会見の席で明かした「日本代表でコイツ上手いと思った選手」は?
最悪なのは裸の王様状態。黒田剛がそれに気づくうえで重要だった青森山田時代「雑草抜きまでやってきた」
「“東京の第3のチーム”以上の野心がある」町田の快進撃にブラジル大手も驚き!「あまり注目されなかったクラブだが...」
似て非なるチャレンジとギャンブル。J2町田の黒田監督が語気を強めて指導。首位ターンも慢心なし。さらなる伸びしろも感じさせたワンシーン

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ