池田太監督が明かす「長谷川唯のボランチ起用の真実」【なでしこジャパン】

カテゴリ:女子サッカー

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年10月22日

「本人とも話した」

長谷川唯がボランチにコンバートされた理由は? 写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2023年の女子ワールドカップに続き、9月のアルゼンチン女子代表との国際親善試合でも別格の存在感を見せつけた長谷川唯。東京五輪では前目のポジションを任された彼女を、なぜ池田太監督はボランチで起用しようと考えたのか。

【動画】池田監督インタビュー(前編)

 指揮官は「本人とも話した」という。

「在籍しているマンチェスター・シティで中央のポジションをやっていて、そこでのパフォーマンスが良かった。そして、なでしこの活動の中で本人に『ボランチでも考えている』と伝えました」

 実際、ボランチで起用された長谷川は期待通りの活躍を見せる。

「守備の予測が素晴らしくて、攻撃面ではパスを出せて、空いたスペースに走り込めるし、持ち味を発揮してくれています」

 先の女子ワールドカップでは「中田英寿みたい」とも評された長谷川。優れた能力を引き出した点で、池田監督の手腕は称賛に値するだろう。
 
 ちなみに、長谷川と長野風花のボランチコンビについても、池田監督は言及してくれた。

「互いにポジションを見て、バランスを取っています。互いの特徴も分かっていて、信頼関係もある。(代表で)積み上げてきたものが、そういう関係につながっていると思います」

 今後もボランチとしてチームを牽引するだろう長谷川は間違いなく、パリ五輪出場に向けて最大のキーマンになる。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

「日本がやってこなかった部分」なぜ冨安健洋は中国人主審に珍しく抗議したのか。「フラストレーションが溜まっていた」だけではない理由

「一昔前の日本代表が羨ましい」久保建英が森保ジャパンの“厳しさ”に本音。「過去にあまり見ない」

「トップ下と右サイド、どちらで勝負したい?」躍動した久保建英に直球質問!「もったいないかな」
【関連記事】
アジア大会で優勝したのに...。なぜパリ五輪予選に抜擢されたのは千葉玲海菜のみだったのか。見逃せない“縛り”の存在【なでしこジャパン】
絶好調の中嶋淑乃、なでしこJ定着に意欲「あまり仕掛けるタイプがいないような気がしている」
「ここ20年で最大の敗北」トルシエ率いるベトナム代表、韓国戦の大敗に母国メディアが嘆き!「ほとんど自陣でボールを奪われた」
別次元の上手さ。アルゼンチン戦でインテリジェンスも見せつけた長谷川唯の欠点を探すほうが難しい【なでしこジャパン/コラム】
いきなりアルゼンチンに恐怖と混乱を与える。“魔術師”遠藤純こそ4-3-3システムで最大のキープレーヤー【なでしこジャパン/コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ