• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本がやってこなかった部分」なぜ冨安健洋は中国人主審に珍しく抗議したのか。「フラストレーションが溜まっていた」だけではない理由

「日本がやってこなかった部分」なぜ冨安健洋は中国人主審に珍しく抗議したのか。「フラストレーションが溜まっていた」だけではない理由

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年10月18日

「言うべきところは言わないと」

チュニジア戦で圧巻のパフォーマンスを披露した冨安。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]日本 2-0 チュニジア/10月17日/ノエビアスタジアム神戸

 彼にしては、珍しいシーンだった。

 日本代表は10月17日に開催された「キリンチャレンジカップ2023」で、チュニジア代表と対戦。昨年6月のフレンドリーマッチで0-3と完敗した相手に、2-0で快勝を収めた。

 この試合にCBでフル代表し、ガンバ大阪でプレーする相手FWイッサム・ジェバリを完璧に抑え込むなど、出色のパフォーマンスを見せた冨安健洋は78分、左SBの町田浩樹が競り合ってファウルを取られたシーンで、中国のワン・ディー主審に詰め寄り、不満そうに抗議をした。

 たしかに、町田がファウルを受けたように見えたシーンではあったが、冷静な冨安があそこまで異を唱えるは稀だ。しかも、自身が関わったプレーではない。

【PHOTO】日本代表のチュニジア戦出場17選手&監督の採点・寸評。2人に“7点”の高評価。MOMは2点に絡んだMF
 このシーンについて、試合後に「抗議をするのは珍しいのでは?」と投げかけると、25歳のDFは「ちょっとフラストレーションが溜まっていた」と納得がいかない判定が多かったと指摘したうえで、不服を露わにした理由をこう説明している。

「言うべきところは言わないといけないし、審判も人間なんで、それでいいように変わることもあるんで。そこは日本のチームがやってきてなかった部分でもあると思うので。やっていかなきゃいけない部分だと思いますし、僕だけじゃなく、言える人が言うのはやっていくべきだと思います」

 先月に代表に復帰して以来、圧倒的なパフォーマンスに加え、積極的に指示を飛ばす姿も印象的な冨安。そうしたリーダーシップや責任感が、このワンシーンにも表われていたと思う。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

「トップ下と右サイド、どちらで勝負したい?」躍動した久保建英に直球質問!「もったいないかな」

「アマチュアの試合だ」韓国に続き日本にも敗戦…アジア勢に連敗を喫したチュニジア代表に母国ファン激怒!「我々はアフリカで最弱の国かもしれない」

「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
【関連記事】
【日本2-0チュニジア|採点&寸評】昨年完敗した相手にリベンジ。2人が“7点”の最高評価。迷ったMOMはスコアラーの伊東や古橋ではなく…
チュニジア指揮官が感じた日韓のサッカーの“違い”は?「韓国は1対1の身体的能力が長けていて、日本は...」
「一昔前の日本代表が羨ましい」久保建英が森保ジャパンの“厳しさ”に本音。「過去にあまり見ない」
チュニジア戦で別格だった冨安健洋はそもそも何が凄いのか。“相棒”板倉滉が語る「スーパートム」
「トップ下と右サイド、どちらで勝負したい?」躍動した久保建英に直球質問!「もったいないかな」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ