• トップ
  • ニュース一覧
  • いきなりアルゼンチンに恐怖と混乱を与える。“魔術師”遠藤純こそ4-3-3システムで最大のキープレーヤー【なでしこジャパン/コラム】

いきなりアルゼンチンに恐怖と混乱を与える。“魔術師”遠藤純こそ4-3-3システムで最大のキープレーヤー【なでしこジャパン/コラム】

カテゴリ:女子サッカー

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年09月23日

宮澤とのコンビネーションも秀逸

アルゼンチンの守備網を切り裂いた遠藤。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2023年9月23日、なでしこジャパンがアルゼンチン女子代表との国際親善試合で8-0と大勝した。立ち上がりから一方的に攻め込み、後半になってもオフェンシブな姿勢を崩さずに戦い切った。

 この日のなでしこジャパンは先の女子ワールドカップの時(3-4-2-1システム)と違って4-3-3システムを採用。アンカーに熊谷紗希を起用した布陣で戦うなか、チームに勢いをもたらしたのは左サイドバックの遠藤純だった。

 開始直後から高い位置取りでボールを呼び込み、そこからの仕掛けや崩しでチャンスを何度も演出。巧みなアウトサイドのパス、相手の動きを読み切った切り返しなど独特の個人技に加え、同サイドの宮澤ひなたとのコンビネーションも秀逸で、手をかえ品をかえてアルゼンチンを追い込む姿は“魔術師”のようだった。

 パリ五輪アジア2次予選で想定される引いた相手との戦いで、遠藤の左サイドバックは大きな武器になる。そう確信させたゲームとも言えた。
【PHOTO】北九州スタジアムに集結したなでしこジャパンサポーター!
 遠藤が何より素晴らしかったのは、プレーの矢印がしっかりとゴールへ向いている点だ。もちろんサイドに逃げるドリブルもあったが、基本的には“ゴール”を意識している。そのスタンスから感じ取れたのは、「サッカーをよく知っている」ということだった。

 長谷川唯の個人技は当然ながら素晴らしかった。それでも、この試合のPOM(Player of the Match)をひとり選ぶなら、遠藤にしたい。  

 大事な立ち上がりの局面でいきなりアルゼンチンに恐怖と混乱を与えた遠藤。今後、4-3-3システムで戦う場合、この左サイドバックこそが戦術で最大のキープレーヤーになるのではないか。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

「自チームでは経験のあるポジション」なでしこ熊谷紗希、アンカー起用の手応えは?「求められていることは確実に...」

「めちゃつええええ!」なでしこジャパンの8発圧勝にファン驚き!「エグすぎなんよ」「見てて面白い」

豪快ダイビングヘッド弾で3点目をゲット!なでしこDF高橋はなの“キャラ”を岩渕真奈が紹介「たまに、ちょっとうるさいなって...」
【関連記事】
「めちゃつええええ!」なでしこジャパンの8発圧勝にファン驚き!「エグすぎなんよ」「見てて面白い」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「5人の間、出すの凄くない?」「ボール見てへんやん」久保建英の超絶プレーに内田篤人ら3人の元日本代表が驚嘆!「顔を上げたままドリブルしてる」
「試合中に出てたんですよ。方向的に見えちゃって」女子W杯得点王の宮澤ひなたはスペイン戦の苦しい時間帯に何を目撃したのか
「えっ、苦手なんでやめてください」女子W杯得点王の宮澤ひなたがフォーメーションボードを見た直後になぜ動揺したのか【撮影秘話】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ