• トップ
  • ニュース一覧
  • 「トップ下と右サイド、どちらで勝負したい?」躍動した久保建英に直球質問!「もったいないかな」

「トップ下と右サイド、どちらで勝負したい?」躍動した久保建英に直球質問!「もったいないかな」

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年10月17日

「相手からしたら脅威なのかな」

チュニジア戦で躍動した久保。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]日本 2-0 チュニジア/10月17日/ノエビアスタジアム神戸

 トップ下で躍動してみせた。

 日本代表は10月17日に開催された「キリンチャレンジカップ2023」でチュニジア代表と対戦。2-0で快勝を収めた。

 破竹の6連勝を飾ったこの一戦で、注目の久保建英は4-2-3ー1の右サイドハーフではなくトップ下で出場する。

 43分に守田英正からパスを受け、敵のチャージを受けながらも、旗手怜央に繋いで古橋亨梧の先制点をお膳立てすれば、自ら持ち込んで絶妙のクロスを供給し、69分に伊東純也が決めた追加点をアシスト。2点に絡む活躍を見せた。

【動画】伊東のゴールをお膳立て!久保の絶妙アシスト
 レアル・ソシエダでは4-3-3の右ウイングで圧巻のパフォーマンスを披露しているが、日本代表には伊東純也がいる。

 試合後、「トップ下か右サイド、どちらで勝負したいか?」とずばり質問したところ、「今日のプレーだったら、トップ下のほうがいいと思いますけどね」と答え、こう言葉を続けた。

「僕がトップ下で、伊東選手が右サイドのほうが、相手からしたら脅威なのかな。右で勝負したいという気持ちもなくはないですけど、もったいないかな。結果にも出ていますし」

 伊東とのコンビネーションを含め、“10番”のポジションに手応えを感じた一戦となった。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】チュニジア戦が行われるノエビアスタジアム神戸に集結した日本代表サポーターを特集!

「アマチュアの試合だ」韓国に続き日本にも敗戦…アジア勢に連敗を喫したチュニジア代表に母国ファン激怒!「我々はアフリカで最弱の国かもしれない」

「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
【関連記事】
「アマチュアの試合だ」韓国に続き日本にも敗戦…アジア勢に連敗を喫したチュニジア代表に母国ファン激怒!「我々はアフリカで最弱の国かもしれない」
「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
チュニジア指揮官が感じた日韓のサッカーの“違い”は?「韓国は1対1の身体的能力が長けていて、日本は...」
「四大陸を制覇した!」チュニジア撃破で“6連勝”の日本代表を中国メディアが手放し称賛!「誰が出ても質が低下しない」
特筆すべき“冨安の半歩”。このCBの予備動作でもたらされる安定感は半端ない【日本代表】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ