• トップ
  • ニュース一覧
  • 「東京五輪に強行出場したツケ」故障を繰り返すペドリ。16歳のヤマルには負担をかけるべきではない

「東京五輪に強行出場したツケ」故障を繰り返すペドリ。16歳のヤマルには負担をかけるべきではない

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2023年09月22日

メッシでさえ10代の時はフィジカル面が不安定だった

若くしてデビューを飾ったペドリ(左)とヤマル(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 10代で注目を浴びるのは、危険が伴う。

 スペイン代表でFCバルセロナ所属のペドリは、アンドレス・イニエスタに匹敵する才能の持ち主で、「世界最高のサッカー選手」となる筆頭候補の一人だろう。ボールスキルは出色、置きどころがいいことで、アドバンテージを取れるし、そこからのキックも上質。判断に優れ、直前までキャンセルし、ベターなものに代えられる。ポジション的優位を取れる賢さもあり、周りを輝かせながら、自らも輝く。ゴール前に入る感覚も備えたMFだ。脚光を浴びたのは当然だった。

 しかしながら、ペドリはこの1、2年、深刻な筋肉系のケガの連鎖に悩まされている。シーズン開幕後、大腿四頭筋を痛めて、全治約1か月半。復帰してはケガを繰り返すようになってしまった。

「東京五輪に強行出場したツケ」

 それは呪いのように語られる。2020-21シーズン、まだ10代だったペドリだが、バルサの主力としてシーズンフル稼働した後、EURO2020で準決勝まで戦い、さらに東京五輪でも決勝まで戦った。シーズンで75試合。それは度を超えていた。

 その後、ペドリは筋肉系の故障を多発させることになったのだ。

 あのリオネル・メッシでさえ、10代の時はフィジカル面が不安定だった。何度か肉離れを起こし、爆発的なパワーを未完成なボディが持て余していた。プレーレベルはすでに中心選手だが、起用は慎重さが必要になる。

 メッシは肉中心だった食生活を魚中心にし、ケガが大幅に減ったが…。

 それぞれ事情は違うが、10代で過度な稼働は危険である。プレー自体は目覚ましくても、未成熟の身体が悲鳴を上げてもおかしくない。身長含めて肉体が成長過程にある場合、潜在的なリスクを残すことになるだろう。

【動画】スペイン代表の最年少得点記録を更新したヤマルの鮮烈左足弾!
 これは17歳で華々しくデビューしたアンス・ファティも同じことが言える。肉体的に不安定だったことで、ケガが頻発するようになった。そこで、肉体改造に取り組み、屈強にはなったが、切れを失った印象がある(ブライトンへ期限付き移籍)。

 同じバルサでは、今やラミネ・ヤマルが16歳で目覚ましい台頭を見せている。もはや、ブラジル代表ラフィーニャからポジションを奪ってもおかしくない。ビジャレアル戦、ガビへのアシストやロベルト・レバンドフスキの決勝点のアシストになったシュートなど圧巻だった。その活躍によって、スペイン代表にも選ばれている。

 ヤマルはバルサの希望で、スペクタクルの象徴である。

 ただ、16歳の少年にあまり負担をかけるべきではない。その後、大きなツケを払わせることになるかもしれないからだ。

文●小宮良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たし、2020年12月には新作『氷上のフェニックス』が上梓された。

「変化を加えられる選手」16歳38日でバルセロナ史上最年少先発デビューのジャマルをシャビ監督が称賛!

「今の彼は私より優れている」手が付けられない久保建英をソシエダのスーパーレジェンドが大絶賛!「1対1で素晴らしいし、左足のシュートも上手い」

「超絶ゴラッソやっば」「誤審じゃね?」久保建英、“幻のスーパーミドル弾”が物議!「永遠に語り継がれるゴールになったのは間違いないのに...」
【関連記事】
「世界中のビッグクラブが彼を追っている」引く手あまたの久保建英、ソシエダ退団なら後釜は“親友”の韓国代表MFか。「明確な本命がいる」と現地報道
「変化を加えられる選手」16歳38日でバルセロナ史上最年少先発デビューのジャマルをシャビ監督が称賛!
「彼のレベルを毎日見られるのは幸運」絶好調の久保建英をソシエダ10番が激賞!人間性にも賛辞「彼の性格はチーム全体にいい影響を与える」
天才少年を発見したバルサのカンテラで衝撃!クレの集まる店では久保建英の話題も「移籍して来ても十分やれる。だけど...」【バルセロナを巡る旅|後編】
圧巻ハットを達成した怪物の交代時に、三笘薫だけが取った行動とは? 仲間を称える姿にエースとしての“気概”が感じられた【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ