• トップ
  • ニュース一覧
  • 天才少年を発見したバルサのカンテラで衝撃!クレの集まる店では久保建英の話題も「移籍して来ても十分やれる。だけど...」【バルセロナを巡る旅|後編】

天才少年を発見したバルサのカンテラで衝撃!クレの集まる店では久保建英の話題も「移籍して来ても十分やれる。だけど...」【バルセロナを巡る旅|後編】

カテゴリ:連載・コラム

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年07月01日

試合後に泣き出してしまう子もいるほど

バルサのベンハミンDに所属する天才少年アルシ君は、いつの日かトップで輝くのか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 バルセロナが4-0で快勝したベティス戦の翌日、バルセロナ市の中心地から車で20分ほどのところにあるバルサの練習場を訪れた。

 週末であれば、カンテラ(下部組織)のどこかのカテゴリーが試合をしており、ピッチに脇にあるベンチでは、家族が観戦をしている。現在U-16のチームに4男のシェーンがプレーしている、元オランダ代表FWのパトリック・クライファートも見に来る時があるという。

 時には、バルサやエスパニョールで活躍した元スペイン代表イバン・デ・ラ・ペーニャの姿も。現在は代理人を務めており、“原石”を発掘しているようだ。

 この日はトップチームの全体練習はなく、ベンハミンD(U-9)が試合をしていたのだが、はっきり言って上手すぎた。個人能力が高いだけでなく、GKからのビルドアップ、両サイドを使った“崩し方”が徹底されており、10点以上の差をつけていた(6-0から、スコアボードが動かったのは、相手への配慮なのか)。負けたチームは試合後に泣き出してしまう子もいるほどだった。

 バルサには地域のレベルの高い子どもが集まって来るとはいえ、8~9歳といえば、団子サッカーになりがち。ここまで戦術的に崩せるのは正直に言って、衝撃だった。

【動画】バルサの練習場で発見した天才少年のキレキレドリブル
 そのバルサで、天才少年を発見した。キレイな金髪をなびかせていた6番のアルシ・マルティネス・ペレス君で、手元の集計では4ゴール・3アシスト。ドリブルはメッシを彷彿とさせ、周囲も使える。感心したのは守備への切り替えの速さで、相手へのリスペクトも持っている。失点を重ねて立ち上がれない敵の選手に手を差し伸べる姿は、スターになる可能性を感じさせた。

 そのバルサのトレーニング場でトラムに乗って、カンプ・ノウへ行き、スタジアムツアーに参加。最も安いチケットで31.5ユーロ(約4700円)となかなかのお値段だ。

 日曜日だったため、観光客で混みあっており、トロフィールームにあるビッグイヤーと記念撮影できるコーナーには長蛇の列ができていた。ロッカールームや記者会見ルーム、ピッチレベル、ベンチなどを見学でき、ファンにはたまらないだろう。

 カンプ・ノウに併設されている公式ショップは、試合当日はごった返していたが、この日は落ち着いていた。別の日に訪れるほうがゆっくり買い物ができそうだ。
【関連記事】
サグラダ・ファミリアからカンプ・ノウへ。15歳の鮮烈デビューと41歳のラストダンスを堪能【バルセロナを巡る旅|前編】
「タケには驚きだよ」至る所で久保建英の存在を感じた“美食の街”【サン・セバスティアンを巡る旅|前編】
驚かされたソシエダの練習場。育成責任者は久保建英の弟・瑛史について「我々は満足している」と…【サン・セバスティアンを巡る旅|後編】
「タケを獲得した時は嫌だったけど、今はお気に入り」現地のソシエダサポに訊いた久保建英の“リアルな評価” 「運動量に驚き」「ローマ戦の先発落ちは監督のミス。考えられない」
「仕事をする気がない」マドリーは久保建英の再獲得を断念と現地報道!躍動する21歳を諦めた理由は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ