現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「冬のメルカートで香川にとって強力ライバルが到来⁉」

カテゴリ:連載・コラム

マルクス・バーク

2016年01月29日

驚いたのは、ボルシアMG戦で香川真司に出番がなかったこと。

ボルシアMG戦では最後まで出番がなかった香川。次のインゴルシュタット戦では、はたして……。(C)Getty Images

画像を見る

 1月22日に再開したブンデスリーガで、ドルトムントは素晴らしいリスタートを切った。首位バイエルンを除く上位陣が揃って勝点を取りこぼすなか、難敵ボルシアMG相手に好パフォーマンスを見せて3-1の快勝。これで3位以下との勝点差は、8ポイントに開いた(試合レポートはこちら)。
 
 もっとも、ドルトムントがリーグ制覇を成し遂げる可能性はごくわずかだろう。その考えは開幕から変わっていない。
 
 驚いたのは、ボルシアMG戦で香川真司に出番がなかったことだ。ベンチ入りしながらまったくプレーしなかったのは、今シーズンのリーグ戦で初。その代わり、翌日のウニオン・ベルリン(ブンデス2部)との親善試合でフル出場を果たしている。
 
 香川本人は、ボルシアMG戦で出場機会がなかった理由について、「(ドバイ合宿後に患った)ウイルス性胃腸炎が原因じゃないと思う」と言っていた。私も同意見で、おそらく理由は、トーマス・トゥヘル監督がマルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリアン、ゴンサロ・カストロの3人をレギュラーに据えるのがベストと捉えているからだろう。
 
 ロイス、ムヒタリアン、カストロの3人はリーグ最高の攻撃トリオだが、香川も能力的には遜色ない。この先、リーグ戦だけでなく、DFBカップ準々決勝のシュツットガルト戦やヨーロッパリーグのポルト戦が控えているだけに、チャンスは必ず巡ってくるはずだ。今の状況をマイナスに捉えてはいけない。ただ単に、ライバルが絶好調なだけだ。
 
【関連記事】
【リオ五輪】アジア王者・日本に立ちはだかる「世界のビッグタレント10選」。ディバラ、F・アンデルソン、ザネなど逸材がズラリ!
【ブンデス現地コラム】長谷部所属のフランクフルトはいわば「マイアーのチーム」。異色の点取り屋の魅力とは?
【バイエルン番記者】“替えの利かない”守備の要ボアテングの代役は誰に!?
現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「なぜヨッチはスタメン落ちしたのか?」
【プレミア現地コラム】マンチェスター・U相手にデビュー戦で決勝弾。サウサンプトンの新FWが得点能力の高さを改めて証明

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ