【セルジオ越後の天国と地獄】予選突破は評価できるけど、すぐにA代表に吸い上げられそうな選手はいないね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年01月27日

割り切って守備的に戦った手倉森監督の采配は見事。

手倉森監督が作り上げた守備組織は見事のひと言。五輪出場を手繰り寄せる原動力になった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 手倉森監督率いるU-23日本代表が、リオ五輪の出場権を獲得したね。五輪予選を兼ねたU-23アジア選手権の準決勝でイラクを下し、出場権が与えられる3位以内を確定させたんだ。

 結果が最優先される予選で、きっちりとその結果を出した。U-23代表の戦いぶりは評価されるべきだし、僕も心からおめでとうと言いたい。

 手倉森監督の采配は、素晴らしかったね。守って耐えてのサッカーを続けて、最後まで上手くいった。グループリーグの3試合も、準々決勝のイラン戦も、今回のイラク戦もそう。「このメンバーでは、このサッカーしかない」と割り切って、守備重視の戦術を選択したんだ。その潔さは、監督としては見事だよ。

 実際に今大会を振り返ると、GKも含めたチーム全体の守備意識が極めて高かった。両サイドバックはオーバーラップを控え気味だったし、最終ラインもあまり上げていない。前線からのプレッシングも休みなく続けていたし、中盤の選手もスペースを埋めて相手に自由を与えなかった。そうして相手のスタミナが落ちるのを待ち、終盤に隙を突いて点を取る。そんなスタイルを貫徹したんだ。
 
 カウンター狙いのチーム戦術を、選手全員が理解していたよ。ベガルタ時代もそうだったけど、手倉森監督は守備重視のチームを作るのが上手いね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ