• トップ
  • ニュース一覧
  • 「存在感が全くなかった」リバプール初先発の遠藤航、現地メディアは軒並み5点評価「何度か簡単に抜かれた」

「存在感が全くなかった」リバプール初先発の遠藤航、現地メディアは軒並み5点評価「何度か簡単に抜かれた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月28日

「もっとアグレッシブに、もっと機敏になるべきだ」

アンカーで先発した遠藤。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月27日に開催されたプレミアリーグの第3節で、遠藤航が所属するリバプールは難敵ニューカッスルと敵地で対戦。先制を許した直後の28分にフィルジル・ファン・ダイクが一発退場となるも、途中出場のダルウィン・ヌニェスが終盤に2ゴールを奪い、2-1で逆転勝利を収めた。

 前節のボーンマス戦(3-1)で途中出場し、新天地デビューを飾った遠藤は、アンカーに入り初先発。デビュー戦に続き、数的不利の難しい状況での戦いを強いられたなか、豊富な運動量でピッチを駆け回り、チームの潤滑油として58分までプレーした。

 ただ、際立って取り上げるシーンはなかっただけに、現地メディアの評価は低調なものに。『THIS IS ANFIELD』は採点記事で5点を付け、日本代表のキャプテンに改善を要求した。
【動画】リバプールで初先発した遠藤のプレーをチェック
「最初の数分間、何度か簡単に抜かれた。正直、ニューカッスルがポゼッションを支配し始めた後は、存在感が全くなかった。もっとアグレッシブに、もっと機敏になるべきだ。そして開幕の数週間で我々が見たものよりも、技術的な能力を発揮できるようにならなければならない。彼はそれができる力があるが、新たな環境で全力で取り組む必要がある」

 また、『Liverpool Echo』と『90min』も5点を提示。それぞれ「序盤の慌ただしい時間帯はあまりボールに関わらなかったが、数少ない好タッチで自信を深めた。後半はより難しくなった」「先週の交代出場に続き、リバプールでのフルデビュー。あまり良い日ではなかった」と綴った。

 記念すべき初先発の一戦で、守勢に回ったため致し方ないとはいえ、爪痕を残したとは言い難い結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【リバプールの最新序列】遠藤航は“現状”ではアンカーの一番手。中盤3枚は新戦力トリオで構成と予測

「彼がメールをくれて...」“夢を叶えた”遠藤航、リバプールの先輩・南野拓実とのやり取りを明かす!電撃移籍には「オファーをもらった時は驚いた」

「日本の選手で誰が人気なの?」内田篤人の問いに、欧州のスカウト陣が絶賛した19歳の逸材は?「めちゃくちゃ走れて戦える、技術もあるって...」
【関連記事】
「エンドウは我々が何をしているのか全く分かっていない」初先発の遠藤航、クロップ監督の評価は? 一方で交代後のダブルボランチを賞賛「マカリステルとソボスライは素晴らしかった」
「なんてことだ、信じられない」主将ファン・ダイクの一発レッド判定に、指揮官クロップは怒り!「ボールを取りに行っているだけだ」
「いいぞおおおお」「危機察知早いな」リバプール遠藤航、ピンチを防いた“渾身タックル”にファン喝采!「気合い入っとる」
逆転勝利はみんなのおかげ!衝撃2発のリバプールFWヌニェスが感謝「MOMを捧げる」「10人の状況でよく戦ってくれた」
「彼は本当に素晴らしい」「満足、予想外だ」新加入の遠藤航をクロップ監督が絶賛! 地元メディアが見解「指揮官はレギュラーの6番として起用するだろう」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ