• トップ
  • ニュース一覧
  • ボランチ転身を進言。34歳・金崎夢生が原点回帰「何よりもFC琉球がもっと勝てるようにしたい」

ボランチ転身を進言。34歳・金崎夢生が原点回帰「何よりもFC琉球がもっと勝てるようにしたい」

カテゴリ:Jリーグ

元川悦子

2023年08月25日

琉球は勝点28で15位

今季に大分から琉球に加入した金崎。ここまで15試合に出場し、ピッチに立てば熟練のプレーで奮戦する。(C)J.LEAGUE

画像を見る

 2023年のJ3も残り15試合となったが、相変わらずの混戦模様となっている。

 23節終了時点で首位の愛媛FCは勝点44、2位のカターレ富山が同40だが、勝点30台が11チームもあり、今後の展開次第ではJ2昇格圏の顔ぶれが入れ替わる可能性も否定できないのだ。

 1年でのJ2復帰を目ざしているFC琉球は、30台グループの少し下に位置し、勝点28の15位。今季は倉貫一毅監督が率いる新体制でスタートしたものの、10節終了時点で3勝1分6敗と黒星先行の苦境に瀕し、5月15日付けで監督が交代。昨季序盤に指揮を執っていた喜名哲裕監督が復帰する形で現在に至っている。

 しかしながら、その後も急浮上とはいかず、連勝したのは、7月2日のカマタマーレ讃岐戦と9日の松本山雅FC戦だけ。喜名監督は「かなり厳しくなってきているが、ホームで確実に勝点3、アウェーで勝点1を積み上げて、食らいついていくしかない」と語っていたが、何らかの劇的な起爆剤が欲しいところだ。

 そこで1つ、期待されるのが、34歳・金崎夢生のボランチ起用である。ご存じの通り、金崎と言えば、鹿島アントラーズの2016年のJ1制覇、クラブワールドカップ参戦の立役者となった点取り屋だ。

 日本代表でも11試合出場で2ゴールという実績を残している。その彼が今季からJ3に参戦したことは多くのファンを驚かせたが、8月12日のFC大阪戦の80分から中盤で出場。ボールをさばいたり、時には自らが前へ出て行ったりと、新たなリズムをもたらそうと試みていた。
 
 金崎がここまでの流れを説明する。

「シーズンが始まってずっとフォワードでやっていたんですけど、このメンバーで少しでも安定した戦いをして、勝ちを拾っていくなら、自分がボランチに入ってやることがプラスになるんじゃないかなと感じていたんです。

 最初に思ったのは、倉貫さんが代わる少し前。でも前の監督にはフォワードとして取ってもらったんで、自分の考えは伝えませんでした。

 その後、喜名さんのもとで戦っていくなかで、やっぱりチームを変えていかないといけないという思いが強まった。そこで7月22日のY.S.C.C.との試合前日に『自分がボランチをやったほうがいいと思います』と言って、少し話をさせてもらいました。

 喜名さんも理解してくれて、そこからはボランチで練習するようになった。3週間、練習とか練習試合を重ねて、そして8月12日のFC大阪戦という形になりました」

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
「琉球というクラブはこの先も続いていく」J3に身を投じた金崎夢生の決心「ベース作りに貢献したい」
「試合後に扇風機投げられて」金崎夢生が同僚の闘莉王と揉めた衝撃エピソードを告白!「やめろ、2人とも」と止めに入ったのは…
「試合はバチバチなのに…」金崎夢生が鈴木優磨のモノマネ披露? “仲良しコンビ”選手入場前の一コマに反響!
「ガツガツ感もある」金崎夢生のイチオシ選手とは?先輩・内田篤人との初対面時の“痛恨勘違い”も明かす
「めっちゃいい選手」内田篤人が“予想外”の活躍に驚嘆したなでしこ戦士は?「すごく後悔」「どうせ槙野みたいなキャラかと...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ