【移籍専門記者コラム】セレソンの新守護神アリソン。ブッフォンの後継者を探すユーベが争奪戦をリード

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年12月08日

イタリアやスペインの複数のクラブが獲得を狙う。

移籍マーケットで人気を集めるGKアリソン。今年10月14日のベネズエラ戦で初キャップを刻んだセレソンでも、新守護神に定着しつつある23歳の逸材だ。(C)Getty Images

画像を見る

「これから長い間セレソンの守護神を務めるだろう」
 
 誰もがそう口を揃える逸材が、インテルナシオナウの23歳、アリソンである。アメリカの連続ドラマに出てくる女刑事のような名前だが、実際にはいま移籍マーケットで最も大きな注目を集めるGKだ。5歳年上で同僚の兄ムリエルの控えとしてスタートしたが、今やクラブで完全に定位置を掴み、ブラジル代表にも定着しつつある。
 
 まだインテルナシオナウで控えを務め、U-20代表だった当時に目を付け、ヨーロッパで最初に獲得に動いたのはインテルだった。SD(スポーツディレクター)のピエロ・アウジリオは彼と父親と会談したが、すでに安価は言えない値札が付いていたうえ、サミール・ハンダノビッチが2試合連続でPKをセーブする活躍を見せたため、話はその先に進まないまま終わった。
 
 現在はスペインでセビージャとバレンシア、そしてとりわけイタリアでローマとユベントスが獲得を望んでいる。とくにローマは、かなり前から動き出している。策士として知られるワルテル・サバティーニSDは、保有権を手に入れた後にフロジノーネにレンタルしてセリエAの水に馴染ませ、ヴォイチェフ・シュチェスニー(来夏にアーセナルに返却しなければならない)の後釜に据えようと画策している。
 
 ただ、アリソンはドイツ系の母親を持つ(ファミリーネームは「ベッカー」)にもかかわらず、まだEUパスポートを取得していないため、来年1月に獲得してもローマにもフロジノーネにも登録できない。これが小さくないネックとなっている。
【関連記事】
【移籍専門記者コラム】契約満了間近のラベッシ。ユーベは「待ち」の状態、バルサ行きは裏付けがない
【移籍専門記者コラム】イカルディ売却への布石。インテルが猛アタックするボカの逸材カレーリ
【ビッグクラブの回顧録】“あの時”のバルサを振り返る Vol.14~2004-05シーズン ~
【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.8 イニエスタ、ドグラス、L・エンリケ
【中村憲剛の欧州サッカー観戦記】今のバルサは“最強”じゃなくて“最恐”! チームの肝はブスケッツだ!
【インタビュー】ジェローム・ボアテング「ペップの下で“世界最高のディフェンダー”になりたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ