【移籍専門記者コラム】契約満了間近のラベッシ。ユーベは「待ち」の状態、バルサ行きは裏付けがない

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年12月07日

年俸400ユーロの3年契約という要求が大きなネックに。

今シーズンのパリSGではバックアッパーに甘んじるラベッシ。早ければ来年1月、遅くとも契約が切れる6月の退団はほぼ間違いない。(C)Getty Images

画像を見る

 今シーズン限りでPSG(パリ・サンジェルマン)との契約が満了するエセキエル・ラベッシ。このアルゼンチン代表アタッカーは、来シーズンいったいどこに行くのか。あるいは1月にも移籍するのか。注目が集まるところだ。
 
 ユベントスはかなり前から動いており、代理人(アレハンドロ・マッツォーニとピエルパオロ・トリウルツィ)と何度も話し合いの場を持っている。
 
 しかし、要求が年俸400万ユーロ(約5億6000万円)かそれ以上の3年契約と強気で、交渉は進んでいない。ラベッシ側の言い分は明快だ。(来夏になれば)移籍金はゼロなのだから、その分だけ年俸を上げて、代理人への手数料も弾んでほしい――。
 
 ユーベのジュゼッペ・マロッタGDとファビオ・パラティチSDはその言い分を聞いた上で逆提案を出し、ラベッシ側の対応を待つ姿勢に入っている。来年5月で31歳を迎えるアタッカーにそれだけの金額(とりわけ年俸)を保証するのは、クラブのフィロソフィーに合わないという側面もあるのだろう。
 
 インテルは昨年1月に獲得に動いたが、やはり年俸要求額の高さに難色を示して引っ込んでしまった。ラベッシ自身は古巣ナポリに戻るのにもやぶさかではないが、ナポリは“温め直したスープ”には興味がないという姿勢をはっきりと打ち出している。逆にアメリカのMLSからのアプローチは絶えない状況だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ