【J1最終戦展望】横浜-松本|ともに来季を見据えた戦いで、ただ勝利を目指すのみ、だ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月21日

横浜――力の差を見せつける勝点3がノルマ。

故障者/横浜=ラフィーニャ、仲川、喜田 松本=オビナ、キム・ボギョン、岩上、大久保 出場停止/横浜=なし 松本=なし

画像を見る

J1リーグ2ndステージ・17
横浜F・マリノス 松本山雅FC
11月22日(日)/13:30/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(16節終了時):3位 勝点28 8勝4分4敗 24得点・15失点
年間成績(33試合終了時):7位 勝点54 15勝9分9敗 45得点・32失点
 
【最新チーム事情】
●14日の天皇杯4回戦・神戸戦ではベンチスタートだった中村と伊藤は先発復帰する見込み。
●左足親指を痛めている兵藤に代わり、怪我から復帰した中町が先発するだろう。
●アデミウソンと齋藤の両サイドは引き続き好調を維持。課題はフィニッシュの精度。
●特別指定選手の富樫が18日の練習から帯同しており、最終節はベンチ入りする可能性が高い。
 
【担当記者の視点】
 天皇杯4回戦で神戸に敗れ、今季の無冠が決定。モチベーションを上げるのは難しいかもしれないが、せめてホーム最終戦を勝利で飾り、今季を締め括りたい。
 
 内容的には、来季につながるような戦いぶりを示してほしい。攻撃では、スピードを伴った連動性ある崩しで得点を重ね、守備では、伝統の堅守で無失点に抑える。
 
 個々を見れば、久々の出場となる中町の出来がポイントとなる。特に攻撃面でセンスを発揮する背番号8が活躍できれば、勝利の確率はグッと高まるだろう。
 
 アグレッシブな戦いを挑んでくるだろう松本のハイプレスをいなし、効率良くゴールを奪う。力の差を見せつける勝点3が、ラストゲームのノルマだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ