【岩本輝雄のJ1ぶった斬り】横浜の“勝利の方程式”と、リズムを狂わせた中野と、不可解なレフェリング

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2015年10月26日

三人目の動きを読み切った中澤のハイパフォーマンス。

鋭い読みで川崎のパスワークを寸断した中澤(22番)。豊富な経験を活かしたディフェンスはまさに職人芸で、横浜の伝統の「堅守」を支えていた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 第2ステージの15節、敵地で川崎に1-0の完封勝利を収めた横浜は、ここに来て本当に安定した強さを見せているし、充実ぶりをいかんなく発揮している。

【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・15節
 
 好調の要因は、横浜の伝統である「堅守」。川崎戦では7割ぐらい押し込まれていたけど、強固なブロックで相手の攻撃を撥ね返していた。
 
 川崎はポゼッションというか、パス回しでは国内トップクラスだから、横浜もペナルティエリアの真横まではボールを運ばれていた。でも、そこからの展開に対しては個々が守備意識をさらに強めて、絶対に自由にやらせなかったし、川崎のフィニッシュワークの精度を確実に鈍らせていた。ここぞという場面での横浜の守備は集中していて、最後まで破たんしなかった。
 
 そうしたなかでハイパフォーマンスを見せていたのが、中澤だった。彼のディフェンスは本当に効いていると改めて思った。
 
 とりわけ、その読みの鋭さは見事だった。川崎は細かくパスをつなぎながら、二人目、三人目が飛び出してくるけど、次にパスを受けそうな選手を予測して、先に動き出して、ボール奪取に成功する。
 
 特に三人目を潰す守備は際立っていた。例えば、川崎がふたりのパス交換から、三人目の動き出しで崩そうと試みるけど、中澤はそこを読み切って、カットする。高い経験値がなせる、まさに職人芸と言ってもいい。
 
 クロスを放り込まれても弾き返す空中戦の強さはもちろんだけど、この点に関しては、川崎側にも問題があった。クロスの精度と質があまりにも低すぎたし、フリーで上げられる場面でもミスが散見されていたのは、今後の課題ではないだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ