【岩本輝雄のオタクも納得!】シンガポール戦で露呈された日本の弱点。このままでは最終予選でやられる

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2015年11月13日

勝ったことよりも、課題に危機感を覚えるべき。

3-0の完勝を収めたとはいえ、シンガポール戦は勝って当たり前の試合。格下相手に決定機を与えているようでは、この先が不安だ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ホームで戦った前回対戦ではスコアレスドローに終わったシンガポールを相手に、日本は金崎、本田、吉田のゴールで危なげなく3-0の勝利を収めた。もう少し点が取れそうな雰囲気はあったけど、確実に勝点3を取らなければならない試合で、しっかりと勝ち切れたのは良かった。

【PHOTOギャラリー】シンガポール 0-3 日本
 
 ただ、この試合を「リベンジ」と捉えることには強い違和感がある。ワールドカップ予選はどんな試合でも難しいのかもしれないけど、それでも相手は格下のシンガポール。選手たちが浮かれているとは思っていないけど、このレベルの相手には勝って当たり前。当然の結果として受け止めたい。
 
 だからこそ、良い部分よりも悪い部分のほうが気になったし、日本の明らかな弱点が見えた。
 
 それは、守備の部分。無失点に抑えたとはいえ、後半、サイドからクロスを上げられた時に、危ないシーンが何度かあった。相手がシュートを外してくれたから助かったようなものの、これが最終予選やワールドカップ本大会だったら、2、3点取られていてもおしくなかった。
 
 完勝に近いゲームでも、後半にああいう場面を作られていること自体、どうかと思う。きれいにクロスを上げさせているし、中の対応もルーズで簡単にスペースを突かれている。
 
 崩されて決定機を作られているわけではない。にもかかわらず、数的優位を保ちながらも“1点もの”のシュートを打たせてしまった。「リベンジ」できたなんて喜んでいる場合じゃない。日本は最終的な目標をどこに設定しているのか。その観点で見れば、勝ったことよりも、こうした課題に危機感を覚えるべきだ。
【関連記事】
【日本代表/エリア別検証】容易なボールロストが散見した本田を一度スタメンから外してもいい
【サッカーダイジェストの視点】課題よりポジティブな要素が上回った。“勝点3以上”の価値があるリベンジだ。
【セルジオ越後の天国と地獄】本田が決めた2点目の形は評価したい。だけど後半は「つまらない」と感じた人も多かったはずだよ
金田喜稔がシンガポール戦を斬る! 「競争原理に火を付けた清武、金崎、柏木の活躍。レベルアップの布石になる試合だった」
【日本代表】代表初ゴールを挙げた金崎は、あえて“サボっていた”?
【日本 対 シンガポール|3-0】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評/リズムを生んだ柏木。途中出場の香川は…
シンガポール戦を終えて――本田「全然良くなかった。内容は反省するところばかり」
シンガポール戦を終えて――香川「自分は特になにもやっていない。余計な失点をしなかったことが大事」
シンガポール戦を終えて――吉田「新しい選手が結果を出せば、今まで出ていた選手へのプレッシャーも強くなる」
シンガポール戦を終えて――柏木「選手の特徴を掴みながらプレーできた。それはポジティブなこと」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ