• トップ
  • ニュース一覧
  • 【カタールW杯|F組展望】順当ならベルギー&クロアチアが突破。モロッコの飛び道具は不気味。カナダは旋風を巻き起こすか

【カタールW杯|F組展望】順当ならベルギー&クロアチアが突破。モロッコの飛び道具は不気味。カナダは旋風を巻き起こすか

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2022年11月03日

ともに主力の平均年齢が気がかり

ベルギー&クロアチアの“2強”と見られるグループF。下馬評通りの結果となるか。左からハキミ(モロッコ)、モドリッチ(クロアチア)、デ・ブライネ(ベルギー)、デイビス(カナダ)。(C)Getty Images

画像を見る

 11月20日に幕を開けるカタール・ワールドカップ。4年に一度の大舞台では、どんな戦いが繰り広げられるか。本稿ではグループごとに出場国の横顔を紹介し、決勝トーナメント進出に向けた争いを展望する。今回はグループFだ。

――◆――◆――

■ベルギー
(3大会連続14回目の出場)

 2014年ブラジル大会ではベスト8、2018年ロシア大会は3位。現在FIFAランキング2位で、予選後のネーションズリーグでも好調が続いている。列強のライバルに比べると怪我人も少なく、史上9番目の優勝国となる条件は揃っている。

 強いて不安要素を挙げるなら、司令塔ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)など、主力の平均年齢が高くなり、若手がメンバー入りこそしても、なかなか突き上げられていないこと。ファーストチョイスに組み込まれているのは、3バック右の19歳ゼノ・デバスト(アンデルレヒト)ぐらいだ。

 そして2016年から率いるロベルト・マルティネス監督の戦術が、良くも悪くも固定化していることだ。3-4-2-1を可変させるスタイルは、ある意味、成熟したクラブチームのようである一方、それだけに対戦相手に分析されやすい。そうしたなかで、21歳のMFアマドゥ・オナナ(エバートン)やFWチャールズ・デ・ケテラエル(ミラン)の躍動が期待される。
 
■クロアチア
(3大会連続6回目の出場)

 前回大会で準優勝に輝いたクロアチア。引き続き、大黒柱はルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)だが、37歳になってもプレーは研ぎ澄まされている。

 ライバルのベルギーと同じく、主力の平均年齢は上がっているが、中堅の充実や若手の台頭も見られる。4-3-3のディフェンスラインでは、右サイドバックに22歳のヨシプ・スタニシッチ(バイエルン)、センターバックでは20歳のヨシュコ・バルディオル(ライプツィヒ)が順調に成長してきている。

 中盤ではモドリッチの後継者たるマテオ・コバチッチ(チェルシー)が、さらに頼れる存在になってきた。ズラトコ・ダリッチ監督が若手・中堅・ベテランをどうミックスさせて、グループステージ、決勝トーナメントと戦い抜いていくか。

【PHOTO】“世界一美しいフットボーラー”に認定されたクロアチア女子代表FW、マルコビッチの悩殺ショットを一挙お届け!
 
【関連記事】
「大迫はなんで入ってないんでしょうか」内田篤人の直球質問に森保監督の回答は?「議論に時間が…」
「なんで呼んでいるのか」「まず驚き」城彰二が森保JのW杯メンバー26人に意見! 疑問に感じた選出とは?
【セルジオ越後】大迫の落選はサプライズじゃない。原口が外れたのは、相馬との比較だったのではないか
【カタールW杯|D組展望】前回王者フランスとデンマークの2強! 豪州&チュニジアは初戦で勝点1を得られれば…
【カタールW杯|C組展望】大本命はアルゼンチンも…“オール国内組”サウジが台風の目になるか!波乱の予感漂うグループに

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ