• トップ
  • ニュース一覧
  • 【カタールW杯|A組展望】大本命オランダはセネガルとの初戦で敗戦のリスクも。初出場カタールはホームアドバンテージを活かせるか

【カタールW杯|A組展望】大本命オランダはセネガルとの初戦で敗戦のリスクも。初出場カタールはホームアドバンテージを活かせるか

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2022年10月13日

三笘のチームメイト、エクアドルの20歳カイセドに要注目

グループAはオランダが大本命。躍進にはセネガルとの初戦がカギになりそうだ。(C)Getty Images

画像を見る

 11月20日に幕を開けるカタール・ワールドカップ。4年に一度の大舞台では、どんな戦いが繰り広げられるか。本稿ではグループ毎に出場国とグループステージ展望を紹介。今回は、開催国カタールが組み込まれたAグループだ。

――◆――◆――

■カタール
(初出場)

 過去にW杯の出場がない初めての開催国となるが、前回アジアカップ決勝で日本を破ったアジア王者であることを忘れてはいけない。

 プレW杯となるアラブカップは準決勝でアルジェリアに1-2で敗れたが、エジプトとの3位決定戦を制して3位に。アフリカの強豪にも太刀打ちできることを示した。

 何より気候や環境だけでなく、欧州リーグなどが開幕の1週間前まで中断しない期間に、準備で大きなアドバンテージを得ることができそうだ。バルセロナの育成部門で指導者の経験を積んだフェリックス・サンチェス監督が、主力メンバーのほとんどをアンダー世代から見てきているのも大きい。

 基本的に3-5-2で後ろから丁寧につなぐが、前線のアクラム・アフィフやアルモエズ・アリをシンプルに使う形もある。特にボールの支配力で劣勢になりそうなオランダ戦でどういうゲームプランを描くのかは注目だ。
 
■エクアドル
(2大会ぶり4回目の出場)

 南米勢の中ではやや軽視されているかもしれないが、どの対戦相手にも厄介な相手になりうる。チームとして堅実で粘り強い守備から、テクニカルなカウンターを駆使するスタイルは一貫しており、組織が崩れる心配はほとんどない。

 実際に南米予選でもブラジルやアルゼンチンと引き分け、6月の親善試合ではナイジェリアに1-0勝利、メキシコとはスコアレスドローだった。日本も9月の対戦で0-0と引き分けた。

 守備時は4-1-4-1、攻撃時は4-3-3がベースとなるが、ダブルボランチを採用する試合もある。CBのピエロ・インカピエ、アンカーのカルロス・グルエソ、FWのミカエル・エストラーダなど、デュエルに強いタレントがセンターラインに揃う。

 ただ最大の注目選手は、ブライトンで三笘薫のチームメイトでもある20歳のモイセス・カイセド。中盤でボールを奪ったところからのショートカウンターは脅威だ。10年来エースを担ってきたエネル・バレンシアも32歳となったが、勝負強いジョーカーとして牙を研ぐ。
 
【関連記事】
【カタールW杯|B組展望】本命イングランドは組織力に不安が…。アメリカ、ウェールズ、イランにも突破のチャンスは十分にある!
【カタールW杯|C組展望】大本命はアルゼンチンも…“オール国内組”サウジが台風の目になるか!波乱の予感漂うグループに
【カタールW杯|D組展望】前回王者フランスとデンマークの2強! 豪州&チュニジアは初戦で勝点1を得られれば…
「始まりから神回確定」「鎌田を左?」ラモス瑠偉がW杯メンバー26人を独自選出、意外なチョイスに反響!
「毎日していますよ」セルヒオ・ラモスのモデル妻が“ナイトライフ”を赤裸々告白!「アベンジャーズ・カップルだ」と英紙

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ