• トップ
  • ニュース一覧
  • 【カタールW杯|B組展望】本命イングランドは組織力に不安が…。アメリカ、ウェールズ、イランにも突破のチャンスは十分にある!

【カタールW杯|B組展望】本命イングランドは組織力に不安が…。アメリカ、ウェールズ、イランにも突破のチャンスは十分にある!

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2022年10月25日

アメリカは4年後の自国開催に弾みをつけられるか

イングランドのキャプテンを務めるケイン。戦力的なポテンシャルを考えれば優勝も不可能ではない。(C)Getty Images

画像を見る

 11月20日に幕を開けるカタール・ワールドカップ。4年に一度の大舞台では、どんな戦いが繰り広げられるか。本稿ではグループごとに出場国の横顔を紹介し、決勝トーナメント進出に向けた争いを展望する。今回はBグループだ。

――◆――◆――

■イングランド
(7大会連続16回目の出場)

 戦力的なポテンシャルを考えれば優勝も不可能ではないが、チームの組織力を考えると、有力候補とは言い難い。6月にはネーションズリーグでハンガリーに屈辱的な0-4の惨敗を喫して、国内外から酷評された。

 直近6試合で勝利なしという状況も気になるが、大会前に評判が良くてうまく行った事例があまりないのは、強豪国の例に漏れない。

 システムや選手の配置はおおよそ固まってきており、ハリー・マグワイア(マンチェスター・U)、エリック・ダイアー(トッテナム)、ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)の3バックは計算できる。

 1トップのファーストチョイスが、キャプテンのハリー・ケイン(トッテナム)になるのは間違いない。2列目はフィル・フォデン(マンチェスター・C)とラヒーム・スターリング(チェルシー)が有力であるものの、開幕1週間前に中断となるプレミアリーグでのパフォーマンスやその時の調子で序列の変化は起こりうる。

 攻守のインテンシティがカギを握るが、絶対的な守護神がいない正GK争いにも注目だ。
 
■アメリカ
(2大会ぶり11回目の出場)

 9月シリーズでは日本に0-2で完敗し、続くサウジアラビア戦はスコアレスドロー。先行き不安な内容と結果に終わった。

 やはり、右サイドの主力であるティモシー・ウェア(リール)の不在、さらに大黒柱であるクリスティアン・プリシック(チェルシー)が怪我の問題を抱えていたのは、少なからずチームのパフォーマンスに影響したと考えられる。ただし、あくまで本番は11月なので、専門チームがしっかりと分析して臨むはずだ。

 欧州組は開幕の1週間前までリーグ戦がある。MLSに所属する選手たちで下地を作ったうえで、欧州組がカタールに合流してから一気に仕上げる流れになりそうだ。

 4バックだが、インサイドハーフの選手が1人落ちて、変形型の3バックで攻撃を組み立てることが多い。相手のプレスのかけ方に応じた設計で、うまく繋ぎながら高い位置に起点を作る。攻守のトランジションもハイレベルだ。自国開催の4年後に大きな弾みとなる大会にしたい。
 
【関連記事】
【カタールW杯|A組展望】大本命オランダはセネガルとの初戦で敗戦のリスクも。初出場カタールはホームアドバンテージを活かせるか
【カタールW杯|C組展望】大本命はアルゼンチンも…“オール国内組”サウジが台風の目になるか!波乱の予感漂うグループに
【カタールW杯|D組展望】前回王者フランスとデンマークの2強! 豪州&チュニジアは初戦で勝点1を得られれば…
「マルセイユが惚れ込んでいる」伊東純也の獲得にフランス名門が強い関心と現地報道
「ろくでなしめ、挨拶をしなかった。怒っている」元日本代表監督アギーレ、昨季に“冷遇した”久保建英の態度に激怒? 脅威となったプレー面には「守備の責任がなくて快適なんだろ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ