【藤田俊哉の目】2次予選前半戦は75点…。若手の台頭が物足りない攻撃陣は50点!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月10日

守備陣のMVPには川島の穴をしっかり埋めた西川を挙げたい。

シリア戦でグループEの首位に立った日本。2次予選の首位通過へ大きく前進した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 10月8日のシリア戦を経て日本はグループ首位に立ったね。日本に付け入るチャンスなどないという印象を植え付けされるためにも、グループの最大のライバルをアウェーの地でしっかり叩く必要があった。前半の内容はさておき、結果として3-0で勝つことができた。
 
 この2次予選というのは、1位しか無条件に最終予選に進むことができないレギュレーションだから”首位ターン”を達成した意義は決して小さくはないし、個人的にはなにも言うことはない。
 
 このシリア戦で日本は4試合を消化した。ちょうど2次予選のスケジュールも折り返しとなったが、あえて前半戦の戦いに評価をつけるならば、100点満点で75点だ。
 
 理由はこうだ。日本はあくまでアジアではトップを走り続けなければいけない存在。だから、つねにすべての試合で勝つことが求められる。4試合を100点満点で評価(1試合を25点満点)した場合、勝点3を逃した第1戦のシンガポール戦は厳しく0点としたい。その後、カンボジア(3-0)、アフガニスタン(6-0)、そしてシリア(3-0)に3勝したのだから、チームとして75点という評価をつけたい。
 
 攻撃陣と守備陣に分けて評価するならば、まったくピンチらしいピンチがなかった守備面を評価するのは難しいところだ。とはいえ、対戦相手との実力差を考えれば、そうした状況になることは容易に想像できた。
 
 ただし予想外だったのは、ずっとゴールマウスを守ってきた川島(永嗣)が所属クラブが決まらず、代表チームから離脱してしまったことだ。そうした状況下でレギュラーの座を掴んだのが、西川だった。東口や六反といったライバルとの争いに競り勝って第1GKの座を手にしたからこそ、試合へのモチベーションの高さが窺えたし、川島の抜けた穴をしっかり埋めてくれたという点で、守備陣のMVPに挙げてもいいと思う。
 
 2次予選とはいえ、大事な公式戦で4試合をすべて無失点で切り抜けたことは、もちろん西川だけの力ではないものの、チームにとっても自信になったのではないかな。
【関連記事】
【日本代表】歴代3位の47得点を挙げる岡崎は、「躊躇せずに仕掛ける」プレーで新境地を開けるか
【セルジオ越後の天国と地獄】前掛かったシリアの隙を突いただけなら、日本が戦い方を変えたとは言えない
【岩本輝雄の視点】香川がサイドに流れ、本田が中に入る――彼らの連動性と距離感が攻撃を活性化させていた
金田喜稔がシリア戦を斬る! 「ホッとしたよ。ただ前半、リズムを変えるプレーを誰もできていなかったのは課題」
【采配検証】お馴染みのメンバーで手堅く… 宇佐美、武藤の終盤投入で伸びしろは見込めるか?
【日本代表/エリア別検証】距離感が改善された後半は、本田と香川を起点に厚みのある攻撃を実現

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ