金田喜稔がシリア戦を斬る! 「ホッとしたよ。ただ前半、リズムを変えるプレーを誰もできていなかったのは課題」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月09日

岡崎と香川がシリアのマンマークの「裏」を突き、ゴールに結び付けた。

宇佐美のゴールなど3-0の快勝を収めたシリア戦。重圧を撥ね退けた選手たちのことは褒め称えたい。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 どうなるか先行きの読めない状況が続いただけに、しっかり勝点3を持ち帰れた選手たちを褒め称えたい。岡崎が倒されてPKを奪えていなかったら……、それにあのPKを本田が外していたら……、事態はどう転んでいたか分からなかった。ホッとしたよ。
 
 ピッチの状態が悪く、気温も高く、選手の表情からは想像以上に大きな負担がかかっていたことが感じられた。シリアはほぼマンマークの守備で対応し、ボールサイドへの寄せも早く、まず日本にサッカーをさせないというスタンスで臨んできていた。
 
 ただ、マンマークの守備は、体力が消耗してくると、背後をとろうとする動きに次第についていけなくなる、というのが難点に挙げられる。その点で体力や経験値で上回る岡崎や香川が、後半に入り、まさに相手の「裏」を突く動きからゴールに結び付けた。
 
 岡崎が奪い、本田が決めたPK。あの先制点で、この試合は決した。

【PHOTOギャラリー】シリア 0-3 日本
【関連記事】
【日本対シリア】サッカーダイジェスト特派記者の採点&寸評
【シリア 0-3 日本】ダブルエースが後半に存在感! 日本が3発快勝で首位ターン!
【セルジオ越後の天国と地獄】前掛かったシリアの隙を突いただけなら、日本が戦い方を変えたとは言えない
シリア戦を終えて――香川「2点目も良い時間で取れたのが良かった」
金田喜稔がアフガニスタン戦を斬る! 選手たちは称えたい。しかし日本代表の強化につながらない「大勝」だけにジレンマを抱いてしまう。
【アジアカップ】金田喜稔が斬る! 「Jリーグ組の危機を感じた」
【U-18日本代表】「1-0の試合ができるチームに」5大会ぶりの世界を目指す日本が1次予選で得た「経験値」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ