敵国指揮官が「日本の弱点は守備」とズバリ。ミス絡みの失点が連鎖した6月シリーズ。W杯本番までの立て直し策は?

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2022年06月15日

最終予選で堅守を誇った日本守備陣に綻び

チュニジア戦はディフェンスリーダーの吉田(写真)がミスを連発。3失点の完敗を喫した。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

「自分のミスもあるし、ミスからの失点が4試合全てで出てしまっている。課題は明確かなと。(森保一)監督も言っていたが、ビルドアップは絶対に日本には必要だし、持てるところを持たないと勝てない。そのミスをどれだけなくすか。1つのミスが起きた時に2つ目、3つ目が起きないようにみんなでカバーし合わないといけないと思います」

 6月14日に行なわれたキリンカップサッカー決勝のチュニジア戦で、日本は0-3の完敗を喫した。全失点に絡んだキャプテンの吉田麻也(サンプドリア)が沈痛な面持ちを浮かべた通り、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で堅守を誇った日本守備陣の綻びが大いに目立っている。

 6月2日のパラグアイ戦(4-1)では新戦力・伊藤洋輝(シュツットガルト)のミスからカウンターで失点。6日のブラジル戦(0-1)ではネイマール(パリSG)に左サイドを突破され、マークがズレて中が空いたところを遠藤航(シュツットガルト)がカバーしきれず、リシャルリソン(エバートン)をエリア内で引っかける形になり、PKを献上。これをネイマールに決められた。

 10日のガーナ戦(4-1)では相手のハイプレスに遭った山根視来(川崎)がパスミス。最終的にジョーダン・アユー(クリスタル・パレス)に一発で仕留められた。そして直近のチュニジア戦ではミスが頻発。とりわけ2失点目は、相手のロングボールに対し、吉田が板倉滉(シャルケ)、シュミット・ダニエル(STVV)との間で対応に迷ったところをユセフ・ムサクニ(アル・アラビ)に入れ替わられる自滅状態となり、そこから失点につながった。

「まずコミュニケーションを取ること。後ろから見えているほうがどうするべきかを伝えてあげるのが一番プレーしやすい。そこをしっかり伝えるところはやり直さなければいけない」

 最後尾のシュミットは反省しきりだったが、W杯5か月前の現段階で基本中の基本を徹底しなければならない状態というのは厳しい。ただ、そこに目を向けて、再出発することもまた重要だ。
 
 吉田が言う「ビルドアップが必要」という意見はチーム全体の共通認識だろうが、W杯になればある程度は持たしてくれても、中盤からグッとプレスをかけてボールを刈り取り、一気にカウンターを仕掛けるチュニジアのような国もある。日本のダイナモ・遠藤が狙われたら苦境に陥ることを、チュニジアは改めて教えてくれた。

 ドイツやスペインが相手ならば、そもそもボール支配率で上回れない。そうなった時、日本はどこまでビルドアップにこだわるべきかという難題にぶつかる。2010年の南アフリカW杯のような超守備的戦術がいいとも言えないが、甘んじてそれを受け入れなければいけない時間帯や状況もある。持つべきか、引くべきかというメリハリをしっかりつけられなければ、大舞台で無失点という結果は残せない。

「ワールドカップという大きな大会は、もう失点することが一番ダメ。僕たちがゼロで長い時間プレーできればできるほど、スペースが空いてくる。耐えられる力が必要」と、フランクフルトでヨーロッパリーグ優勝を経験した鎌田大地も今一度、強調する。
 
【関連記事】
「試合中に指示はないのか」前園真聖が惨敗の日本代表に苦言!「選手に迷いや不安があることが1番良くない」
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね
「皮肉だ」「からかっているかのよう」全失点関与の吉田麻也、セリエA公式の「サンプ守備陣に欠かせない」投稿が物議!
【采配検証】“実験”に慎重を期してきた森保監督のツケが溜まりすぎた6月シリーズ。最も不可解だったのは…
【日本0-3チュニジア|採点&寸評】まさかの完敗。吉田、遠藤らが苦しい出来では…ワールドカップに不安

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ