「試合中に指示はないのか」前園真聖が惨敗の日本代表に苦言!「選手に迷いや不安があることが1番良くない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月15日

「3失点より気になるのは攻撃」

チュニジアの術中にはまり、森保ジャパンはまさかの完敗を喫した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 元日本代表MFの前園真聖氏が6月14日、自身のツイッターを更新。日本代表が0-3の完敗を喫したチュニジア戦について、見解を綴った。

 まず、「チュニジアは日本をリスペクトしてブロックを作りカウンターの戦術でしっかり分析してた。同じ4-3-3だけどチュニジアは4-1-4-1で1トップにして、中盤でのプレスの速さと圧で日本を圧倒。日本はミスでの失点は個人と連携ミス。これを見逃さず決め切るチュニジア」と投稿。続いて「3失点より気になるのは攻撃」だとして、こう続けている。

「前半の決定機を決めれば流れはかわったかもしれないが、決める時に決めないとよくある展開。livedoorコラムでも何度も言ってきたが、決まったシステムに人を替えて当てはめるのではなく、システムも試合の中でかえれないといけないし、選手の組み合わせも大事」

【動画】「吉田がザルだった」中国メディアが酷評した日本の失点シーン
「4-3-3と4-2-3-1がベースだが、気になったのは南野と鎌田のポジションが重なること。南野はサイドにはり縦に突破するプレーではないから中央にポジションを取るので鎌田とスペースが重なり窮屈になります。鎌田は下りてポジションを取るしかないが、鎌田の良さはライン間にポジションを取り受けるのが上手な選手だからおりてボールをもらっても怖さがない。しかもチュニジアが下がっている中で鎌田がおりなくても吉田と板倉が前に運べばいいだけだ。選手の組み合わせ次第で選手の良さが消えてしまう」

 さらに、「気になったのは、試合の状況の中でフレキシブルにシステムもかえられないこと。受ける時に最終ラインやサイドにおりてプレーさせる指示が“試合中“になかったのか!? いろいろ思うことがある」と記し、こう締めくくっている。

「(ワールドカップで対戦する)ドイツとスペインがチュニジアのような戦いをすることはないが、コスタリカorニュージーランド戦(前者に決定)では今回と同じ展開になりえる。W杯までに9月に2試合と直前に試合ができるか分からないが不安と悔しさがの残る試合になった。集まる時間がほとんどない中で、選手の迷いや不安があることが1番良くない。はっきりとした明確な戦い方と試合の中での修正ができないと本大会も厳しくなると思う」

 前園氏は、ワールドカップ本大会を見据え、選手の組み合わせや対戦相手、状況に応じた柔軟性の欠如を懸念しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【キリンカップPHOTO】日本0ー3チュニジア|まさかの3失点で敗戦…!キリンカップは準優勝に終わる

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーター!
【関連記事】
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね
「なあ。サッカーやるなら上目指せよ」本田圭佑の投稿に森保ジャパン戦士が反応!「日本代表のことでしょうか?」
「皮肉だ」「からかっているかのよう」全失点関与の吉田麻也、セリエA公式の「サンプ守備陣に欠かせない」投稿が物議!
「ゲームプランが一気に崩れた」城彰二が鎌田大地の“決定機逸”に苦言。周囲との連係も「上手くいっていなかった」と指摘
「日本が“誇大広告”を失う」惨敗の森保ジャパンをW杯対戦国スペインのメディアはバッサリ!「主将は眠りに落ちた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ