鈴木&上田を擁する鹿島に“第三の男”が出現! 直近5試合で4発、A・カイキが明かす好調の要因は?

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2022年05月22日

浦和戦で2試合連続ゴール!

浦和戦で2試合連続ゴールとなる先制点を挙げ、勝点1獲得に貢献したA・カイキ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第14節]浦和1-1鹿島/5月21日/埼玉スタジアム2002

 Jリーグ屈指の強烈2トップ、鈴木優磨と上田綺世を擁する鹿島に“第三の男”が現れた。

 7節の福岡戦からスタメンに定着し、直近のリーグ戦5試合で4ゴールと気を吐くアルトゥール・カイキだ。昨季、鹿島に加入した29歳のサイドアタッカーで、シュートスキルの多彩さが目を引く。

 14節の浦和戦では立ち上がりの6分に、上田のシュートをGKが弾いたはね返りをそのままボレーでゴールに叩き込み、先制弾。チームメイトの祝福を受けながら歓喜のステップを踏んだ。

「練習のときから(上田)綺世がシュートを打つと何かが起こると話しているので、(ゴール前で上田がボールを持った瞬間)それを信じて詰めていったら、自分のところにボールがこぼれてきた。ボックス内でのシュートは自分の得意とする形でもある」と、難なく仕留めた。
 
 公表されている身長は174センチ。大柄なほうではないが、ジャンプ一番、打点の高いヘディングシュートに定評がある。前節の札幌戦(〇4-1)では頭で得点を決めており、2試合連続ゴール中。好調の要因を、こう自己分析する。

「試合に継続して出られているので、まず試合勘を掴んでいるというのが大きい。チームも好調だし、自分自身のコンディションも良く、結果が出れば、自信もわいてくる。いい流れのなかで、プレーできているからね。これを続けていくことが大事だと思う」

 今季から指揮を執るレネ・ヴァイラー監督が志向する縦に速いサッカーに「自分のプレースタイルがマッチしていること」も要因のひとつに挙げた。

「逆サイドからのクロスに対して、ボックス内に侵入して、積極的にゴールを狙うように言われている。そこは自分がずっと心がけて取り組んできたことなので、まったく違和感がない。ボランチが攻め上がったら、カバーすることも求められているけれど、チーム全体が共通意識を持って戦っているし、(監督の目指すスタイルが)すごくはまっているなと感じる」
 
【関連記事】
「俺たちそろそろ付き合う?」内田篤人が告白もまさかの…過去に“フラれた女性”を明かす!「いま答えなきゃいけないならナシで」
【J1採点&寸評】浦和1-1鹿島|攻守の両局面で奮闘した明本や常本を高評価。ショルツやピトゥカら助っ人の躍動も
ピトゥカが明かす「第一希望」鹿島。移籍最大の決め手はジーコ「彼が着たユニホームに袖を通せることが誇り」
30年目のJリーグ、歴代最強ドリブラーベスト5! 遊び心満載のブラジリアンや川崎の牽引車、浦和の名コンビもランクイン
「スペインとは全く違う」神戸のロティーナ監督が“日本で受けた衝撃”を母国メディアに明かす!「スタジアムに着くと…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ