30年目のJリーグ、歴代最強ドリブラーベスト5! 遊び心満載のブラジリアンや川崎の牽引車、浦和の名コンビもランクイン

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2022年05月22日

日本で最盛期を過ごした助っ人3名が上位に!

“J歴代最強ドリブラー”トップ5を選出。左からジュニーニョ、エジウソン、三笘。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2022シーズンで節目の30年目を迎えたJリーグ。その長い歴史の中で、数々の偉大なプレーヤーが日本サッカー界を盛り上げてきた。本稿では、日本リーグ時代から長きにわたり、日本サッカーを追い続けてきたスポーツライターの加部究氏が、ファンの記憶にも残る強烈なインパクトを放った“J歴代最強ドリブラー”を選出。そのベスト5をお届けする。

――◆――◆――

【J歴代最強ドリブラー ベスト5】
1位:エジウソン(元柏)
2位:ジュニーニョ(元川崎、鹿島)
3位:エメルソン(元浦和ほか)
4位:三笘 薫(元川崎/現ユニオン・サン=ジロワーズ)
5位:田中達也(元浦和、新潟)
 
 1990年代は今後再現不可能なほどJリーグが眩かった。

 日本人選手が発展途上だったのに対し、助っ人選手たちは開幕当初のように「引退後のひと稼ぎ」や「発芽前」限定ではなく、Jからワールドカップへ参戦していく選手たちもいた。つまり、助っ人と平均的な日本人選手の落差が大きな分だけ、世界でも通用するような名手たちの最盛期のプレーを思う存分満喫できた。

 1位のエジウソンは25歳で来日し、柏で2年間プレーしたあとは、コリンチャンスでブラジル選手権を連覇。2000年には第1回世界クラブ選手権(現クラブワールドカップ)でMVPを獲得している。

 小柄で圧倒的な俊敏性とスピード、さらには奇想天外なアイデアを駆使して次々に相手DFを手玉に取っていく様は痛快そのもので、来日してからの2年間はボールを持てば独壇場だった。

 日本デビューシーズンの1996年は、セリエAのジェノアから古巣ヴェルディ川崎へ復帰した三浦知良に続き、得点ランク2位の21ゴールを挙げている。ただカズがフィニッシュに特化した勝負強さを発揮したのに対し、エジウソンは1試合5ゴールという大爆発もある反面、相手を翻弄し、スタジアムの観客から驚きの声を引き出すプレーを優先した感が強い。

 後にブラジルへ帰国後、相手チームを見下すリフティングを披露して大乱闘を引き起こした選手なので、良く言えば遊び心満載。2002年日韓ワールドカップのブラジル代表の優勝メンバーだが、最初に柏に加入して活躍していた頃に比べれば、むしろ確実に下降線に入っていた。

 2位のジュニーニョは、逆に日本で最盛期から成熟期までを全うした選手。川崎のJ2時代からの圧倒的な牽引車で、クラブの歴史を俯瞰すれば、川崎をJ1の一定レベルまで引き上げたという意味では最大の功労者と見ることもできる。エジウソン同様にスピード、テクニック、独創性と全てを備え、自らの突破はもちろん味方の活かし方も含めて攻撃面では万能な玉手箱だった。
 
【関連記事】
30年目のJリーグ、歴代最強パサーベスト5! 川崎を象徴した“パスの玉手箱”や磐田の黄金期を支えた名手も
30年目のJリーグ、歴代最強のストライカー5選! 1位はゴール前を最も煌びやかに彩った世界的スター! 唯一ランクインした日本人は?
「めちゃくちゃ上手かった」松井大輔が日本人最強ドリブラー3人を選出! “スペインの成功者”と激賞したのは?
「勝てる人はもう日本に現われない」松井大輔が選ぶ“天才パサー”3選手!「ヨーロッパサッカーの最先端」と表現したのは…
「選ばないほうが良かった」城彰二が日本代表28人選出に持論!「サプライズ」は伊藤洋輝の初招集ではなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ