【J1採点&寸評】浦和1-1鹿島|攻守の両局面で奮闘した明本や常本を高評価。ショルツやピトゥカら助っ人の躍動も

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月22日

浦和――交代組が持ち味を発揮して攻撃を活性化

【警告】なし【退場】なし【MAN OF THE MATCH】明本考浩(浦和)

画像を見る

[J1第14節]浦和1-1鹿島/5月21日/埼玉スタジアム2002

【浦和|採点】
スタメン)
GK
西川周作 6
DF
宮本優太 6
アレクサンダー・ショルツ 6.5
岩波拓也 6
明本考浩 6.5(82分OUT)【MAN OF THE MATCH】
MF
伊藤敦樹 6(74分OUT)
柴戸 海 6
岩尾 憲 6
関根貴大 5.5(74分OUT)
FW
江坂 任 5.5(82分OUT)
キャスパー・ユンカー 5.5

途中出場)
MF
大久保智明 6.5(74分IN)
FW
アレックス・シャルク 6(74分IN)
DF
知念哲矢 -(82分IN)
FW
松尾佑介 -(82分IN)

監督)
リカルド・ロドリゲス 6
 
【浦和|寸評】
 後ろに重すぎた前半とは打って変わって、後半にギアを上げた。試合終了間際に三度のビッグチャンスを作ったものの、惜しくも逆転弾とはいかず、7試合連続の引き分けに終わった。

 3バックの左という不慣れなポジションに入りながらも、攻守両面で奮闘した明本をMOMに選出。左サイドをスプリントし、同点PKのきっかけを作った。その好機を冷静に決めたのがショルツ。ドリブルでの持ち上がりや絶妙スルーパスなど、味わい深いプレーも披露した。攻撃を担うべきユンカー、江坂、関根の三人衆は若干精彩を欠いた。かたや大久保やシャルク、松尾といった交代組がそれぞれ持ち味を発揮し、攻撃を活性化させたのは明らか。指揮官も「そこに一定の収穫があった」と手応えを口にした。
 
【関連記事】
なぜエムバペはマドリー移籍を蹴ってパリSGに残留したのか。スペイン紙が報じた驚きの理由  
「サッカーに対する侮辱だ」大金を積んだエムバペの契約延長にラ・リーガ会長が怒り!「スーパーリーグと同じぐらい危険」
やはり怪物!パリSGエムバペ、残留宣言直後の今季最終戦で衝撃のハットトリック!
逆転負けのガンバ、ピッチ上でまさかの内輪揉め。昌子とペレイラが激しく言い合う。「試合中にあれはアカン」「敵地で恥ずかしい」などファン落胆
劇的FK弾は無効、キッカーのイニエスタは審判に歩み寄り…名手の振る舞いに代表OBは「ちゃんと礼をするのが凄い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ