【消えた逸材】バルサ移籍でキャリア暗転…不運や怪我に泣いた「ロマーリオ2世」の顛末

カテゴリ:ワールド

沢田啓明

2022年03月31日

19歳でブラジル全国リーグの得点王に

09年7月にバルサ移籍を果たしたケイリソンだったが、これをキカッケに一気に……。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 2008年、当時19歳だったケイリソンの出現は衝撃的だった。
 
 スペースへ抜け出してボールを受けるのが上手く、スピードに乗ってそのままゴールを陥れる。相手DFに囲まれても、トリッキーなボール扱いで手玉に取る。右足で強烈かつ柔らかいシュートを放ち、左足や頭からも点が取れる。オールラウンドなストライカーとして将来を嘱望され、名前の頭文字と背番号から「K9」の愛称が付いた。
 
 1988年、ブラジル中西部の地方都市ドウラドスで生まれる。元プロ選手だった父親がコーチを務めるクラブ「セネ」でボールを蹴りはじめ、ジュニア大会でゴールを量産。14歳でパラナ州の名門コリチーバに引き抜かれた。
 
 07年に17歳にしてトップチームに昇格し、ブラジル全国リーグ2部でいきなり12ゴール。翌08年には全国リーグ1部で21ゴールを挙げて、得点王に輝いた。
 
 09年には国内屈指の名門パルメイラスに移籍し、ここでも公式戦36試合で24得点と爆発。レジェンドのロマーリオとも比較されるブラジル国内屈指のストライカーに伸し上がった。
 
 この活躍を受けて、欧州中のビッグクラブからオファーが殺到。09年7月、移籍金1400万ユーロでバルセロナと5年契約を結んだ。20歳にして当時の世界最強クラブだったバルサへ――。まさに順風満帆のキャリアに見えた。
 
 しかし、ここから一気に舞台が暗転する。この獲得話は完全にフロント主導で、ケイリソンはジョゼップ・グアルディオラ監督が望んだ戦力ではなかったのだ。CFに同期入団のズラタン・イブラヒモビッチをはじめ、ティエリ・アンリ、ボージャン・クルキッチなどを擁していたチームに居場所はなく、ヨーロッパに渡ってすぐにベンフィカへと貸し出された。
 
 ところが、そのベンフィカにもハビエル・サビオラ、オスカル・カルドーソ、ヌーノ・ゴメスなどが所属しており攻撃陣は飽和状態。ケイリソンは国内リーグで前半戦の5試合(先発は1試合)に出場しノーゴールと苦しむ。
 
 10年1月には、1年半のローン契約でフィオレンティーナへと渡った。セリエAでも10試合で2得点と振るわず、同年夏にはレンタル契約が早期打ち切りに。帰国してサントスへと移った。
 
【関連記事】
【消えた逸材】バルサのカンテラで「メッシと双璧」と呼ばれたMFは、なぜ表舞台から姿を消したのか
【消えた逸材】柏でもプレーした元セレソンMF。「ブラジル史上最高のボランチになれる」と期待されるも、馴染めなかった日本を去った後…
【消えた逸材】賭け事やドラッグで歯車が狂い…エバートンでクラブ史上最年少デビューを飾った有望株の波乱万丈
【消えた逸材】メッシらと北京五輪を制した“リケルメの再来”。交通事故を境に暗転した小兵FWのキャリア
【消えた逸材】15歳でセリエAデビューを飾って「ストイチコフの再来」と騒がれた男の“今”を追う

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ