【消えた逸材】柏でもプレーした元セレソンMF。「ブラジル史上最高のボランチになれる」と期待されるも、馴染めなかった日本を去った後…

カテゴリ:連載・コラム

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年09月30日

03年ワールドユースでボランチながら得点王に

ブラジル代表では12試合に出場した。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

ドゥドゥ(MF/元ブラジル代表)
■生年月日/1983年4月15日
■身長・体重/186センチ・78キロ


 抜群のスタミナを活かし、自陣のボックスから敵陣のボックスまでを幅広くカバー。体格にも恵まれ、対人守備に滅法強く、空中戦も得意だった。

 さらに優れた状況判断力と高度なボールテクニックを兼ね備え、攻撃の起点となるだけでなく、しばしば強烈なミドルシュートも突き刺す。それまでブラジルにいなかったタイプの守備的MFは、「ブラジルのフットボール史上、最高のボランチになるのではないか」と将来を嘱望された。
 
 本名アレッサンドロ・シウバ・ジ・ソウザ、通称ドゥドゥ。ブラジル北東部セアラ州の出身で、ドゥドゥ・セアレンセの名前でも知られるMFは、2001年、中堅クラブのヴィトーリアでプロデビュー。17歳の若さだった。

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「ブラジル代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!
 02年後半からはレギュラーとして活躍すると、当時、ブラジル代表を率いていた名将カルロス・アウベルト・パレイラ(94年ワールドカップの優勝監督)に見初められ、03年6月に開催されたコンフェデレーションズ・カップのメンバーに20歳で選出された。

 同年11~12月には、UEAで行なわれたワールドユース(現U-20ワールドカップ)にも参加。ここでの活躍が出色だった。全試合に先発出場したドゥドゥは、ボランチながら4得点を挙げて大会得点王に輝き、チームを頂点に導いたのだ。ブラジル人フットボーラ―のエリートコースに乗ったと、誰もがそう思った。

 04年1月には柏レイソルに移籍。同年7月に開催されたコパ・アメリカにも招集され、優勝に貢献する。だが、日本での生活に馴染めず、Jリーグのプレースタイルへの適応にも手こずっていたドゥドゥは、コパ・アメリカ終了後、レンヌへのレンタル移籍を決意。レンタル期間が終了した半年後にCSKAモスクワと契約を交わし、新たな挑戦に踏み出した。
 
 CSKAではすぐにレギュラーの座を掴み、国内リーグやチャンピオズ・リーグで活躍。ビッグクラブへのステップアップが期待された。しかし、07年以降は筋肉系の故障が頻発。08年夏に渡ったオリンピアコスでも怪我が絶えず、ピッチに立てない試合が増えていった。そこに追い打ちをかけたのが、10年末の右膝半月板の怪我。手術が避け難く、長期間のリハビリを余儀なくされるのだ。
 
【関連記事】
【消えた逸材】バルサのカンテラで「メッシと双璧」と呼ばれたMFは、なぜ表舞台から姿を消したのか
【消えた逸材】メッシらと北京五輪を制した“リケルメの再来”。交通事故を境に暗転した小兵FWのキャリア
【消えた逸材】19歳でCL制覇。名将モウリーニョも絶賛したブラジルの至宝は、夜遊びや不摂生が祟り…
【消えた逸材】いよいよ引退か…ネイマールとともに台頭した天才MFガンソの現在は? 
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ