「全てが速すぎて…」チェイス・アンリを混乱に陥れた国内組合宿。高校No.1DFが痛感した日本代表のスピード

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2022年01月30日

トレーニングパートナーとして5日間にわたる合宿に参加。ゲーム形式では混乱ぶりが伝わる内容に

 現在、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦う日本代表。海外組を含めた最終予選メンバーの発表前に、国内の若手とベテランを一斉に招集して行なわれた日本代表候補合宿があった。長友佑都、酒井宏樹、大迫勇也などはA代表の常連であり、主軸に加え、荒木遼太郎、鈴木唯人ら若い世代も名を連ねて注目を集めた。

 その中で一際目立つ存在がいた。トレーニングパートナーとして参加をした尚志高3年のチェイス・アンリだ。アメリカ人の父と日本人の母を持つ彼は、先の選手権では大会ナンバーワンCBとして大きな注目を浴びた。進路は未定だが、海外も噂されるなど注目度は相変わらず高い。
【画像】森保ジャパン、国内組合宿の招集メンバーの顔ぶれは?
 そんな彼が日本代表のメンバーに加わって5日間に渡る合宿に参加をしたのだが、この時間は彼にとって非常に意義があり、同時にトッププロのレベルの高さ、厳しさをまざまざと感じさせるものであった。

 パススピード、寄せのスピード、判断のスピード。あらゆるスピードのレベルが違った。2日目には9vs9プラスフリーマン2人のポゼッションゲームを行なったが、ビルドアップのスタートとなるGK権田修一からパスをもらってもなかなか前が向けない。周りから横パスやバックパスが来てもトラップをしているうちにあっという間に寄せられてしまい、窮して強引に縦パスを送っても、たちまちインターセプトに遭ってしまう。フィードや縦パスを得意とする彼が、思うように持ち味を出せない状況に陥ったのだ。対人の面でも食いつかなくていいところで食いついてしまい、身体でブロックされながらターンされるなど、攻守において彼は苦しんだ。

 さらにゲーム中にそれまでは静かだった森保一監督が「もっとパススピード、プレッシングスピードや切り替えを速く、強度を高くするように!」と大きな指示が飛ぶと、グリッド内の熱は上昇。より激しいプレスとスピードが上がったワンタッチパスの応酬で、チェイスが混乱していくのが手に取るように分かった。
 
【関連記事】
「とんでもない化け物」内田篤人が17歳の怪物高校生DFを絶賛!「CBで飛び級って凄いんですよ」
「日本人にいないタイプ」内田篤人がイチ押しの新人ドリブラーは?「チャナティップみたい」
FC東京加入の松木玖生は開幕からスタメンでプレーできるのか。高卒1年目から活躍した城彰二の見解は?「選手権では50~60%」
日本代表合宿で長友佑都がまさかの“呼び間違い”! チェイス・アンリに妻の名前で「そう愛梨!」と声掛け
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ