「フットボールの原点がそこにある」森山直太朗が“応援歌”に込めた、高校サッカーと選手権への無上の愛

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年12月28日

三渡洲のあのFKを皮切りに、高校サッカーにハマったんです。

記念すべき第100回大会の応援歌を作詞・作曲した森山さん。高校サッカーへの熱量はまさに半端なし。写真:ユニバーサルミュージック

画像を見る

 学生時代、サッカーにのめり込んでいた者ならば、誰もが共感できる原風景ではないか。

 仲間とともに追い求めた夢、理想と現実の狭間、支えてくれた愛すべき人びと、小さな栄光と大きな挫折、そして、ほんのりと思い描いた檜舞台への道。その中心軸にはいつも、サッカーボールがあった。わずか数年の間に刻まれた喜怒哀楽が、ついこの間の出来事のように思い起こされる。曲を聴いたとき、そんな想いや願いが凝縮されているように感じた。

 全国高校サッカー選手権大会、いわゆる“選手権”は今年度、記念すべき第100回大会を迎える。その栄えある本大会を盛り上げるべく、定番となっている応援歌の制作を託されたのが、森山直太朗さんだ。今年10月から20周年イヤーの森山さんは、ふたつ返事でこのオファーを引き受けたという。

「サッカー好きのミュージシャンだったり、経験者の方ってたくさんいると思うんです。でも、こと高校サッカーに特化した愛好家って、さすがにあんまりいない。僕は本当に高校サッカーで、自分の中での人間関係や人格形成を培ってきた。お話をもらって、ひとりのフリーカーとしてもすごく嬉しかったですね。と同時に100回大会、記念すべきタイミングで自分を選んでいただいたことに対して、本当に感謝の言葉しかありません」
 
 高校サッカーへの熱量は半端ない。かつて国立競技場でのプレーを夢見たサッカー少年は、小学校の卒業文集で「高校サッカー」と題して、選手権への熱い気持ちを文字にしたためたほどである。

「それこそ第65回大会、(東海大一高の)三渡洲アデミールが決勝でフリーキック決めたのを皮切りに、高校サッカーにハマったんです。そうするとおのずと、過去の高校サッカーの記録や歴史を漁るんですよ。子どもながらに、首都圏開催になったのがいつからだとか、浦和南が強かった時代はどうだったとか。だから、今回の100回ということがどれだけ重厚なものなのかが分かる。

 自分が見てきた高校サッカーの歴史の、もっと遡ったところに土台がある。そういったものをどこまで曲で表現できるのか。自分の中でもやりがいがあると感じましたね。きっと音楽だったら、表現できる。100年の歴史や1回限りの大会の中での刹那、一瞬しかないなかで駆け抜ける選手や、見守る皆さんのリアリティーにどうにかして辿り着けるんじゃないかって」

【画像】堀北・ガッキー・川口春奈・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「選手権・歴代応援マネージャー」を一挙公開!
【関連記事】
「とんでもない化け物」内田篤人が17歳の怪物高校生DFを絶賛!「CBで飛び級って凄いんですよ」
「彼はやばい、抜群にいい」城彰二が高校2年の怪物ストライカーを激賞!「とび抜けている」と評した強みは?
【選手権】開幕迫る! 編集部が厳選した大会を熱く盛り上げる“注目株”を一挙紹介!~FW編
【選手権】開幕迫る! 編集部が厳選した大会を熱く盛り上げる“注目株”を一挙紹介!~MF編
【選手権】開幕迫る! 編集部が厳選した大会を熱く盛り上げる“注目株”を一挙紹介!~DF・GK編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ