大島和人 新着記事

快進撃は39歳ベテランの抜け目なさに止められたが…ジャイキリ連発の法政大、なぜ天皇杯で躍進できたのか?

 第99回大会は、Jリーグが1993年に開幕してから27回目の天皇杯だ。大学勢が記録した最高成績はベスト16で、今大会の法政大や97回大会の筑波大を含めて7例ある。しかしベスト8進出はまだ1校も... 続きを読む

「まだ夢は捨てていない」コパ準優勝のペルー代表入りを狙う31歳“海外組”Jリーガーの心意気

 7月7日(日本時間8日未明)に行なわれたコパ・アメリカの決勝で、ペルーはブラジルに1-3で敗れた。しかし36年ぶりだったロシア・ワールドカップ出場、そしてコパ準優勝と、ペルーはその存在感を世界... 続きを読む

難点だらけのFWだったパトリックはなぜ首位広島を牽引する存在にまで進化できたのか?

 サンフレッチェ広島は25日のFC東京戦で今季初黒星を喫したが、それでも2位と勝点6差で依然、首位を独走している。その躍進の立役者となっているのが、今季すでに6得点を決めているパトリックだ。 パ... 続きを読む

5レーン理論にインナーラップ… “吉田ヴァンフォーレ” 新機軸の発想と完成度

 ヴァンフォーレ甲府は宮崎キャンプでトレーニングマッチ(TM)を4試合行ない、3勝1分けで終えている。J2の3クラブ(徳島ヴォルティス、FC岐阜、FC町田ゼルビア)とJFLのFC今治を相手に、様... 続きを読む

甲府は1年でJ1復帰できるのか?ピッチ内外の現状を踏まえて再建の道を探る

「必ず1年でJ1に復帰します」  甲府の輿水順雄社長は、試合後のセレモニーでサポーターにそう誓っていた。  しかし、J1復帰に向けた道のりは険しいものになる。甲府の年間予算は15億円程度で、J1最少... 続きを読む

【J1採点&寸評】甲府1-0仙台|渾身の決勝点を決めたリンスがMOM。仙台は最後の決め手を欠いた

[J1リーグ34節]甲府1-0仙台/12月2日/中銀スタ 【チーム採点・寸評】甲府 6残留には勝利が最低条件となるなかで、好機を作りつつ決め切れず、退場者も出す展開。90+6分の得点で勝ち切ったが... 続きを読む

雨中の”戦術ハーフナー”。「懐かしい」と語る古巣凱旋で見せた長身FWの存在価値

 2187日ぶりのJ1弾だった。ハーフナー・マイクは2011年にヴァンフォーレ甲府の選手として17得点を挙げる活躍を見せ、同年のシーズン終了後に欧州へ移籍。オランダやスペイン、フィンランドのクラ... 続きを読む

【J1採点&寸評】甲府2-3神戸|古巣に2発の長身FWがMOM!ミス連発の甲府の守備陣は…

[J1リーグ31節]甲府2-3神戸/10月29日/中銀スタ【チーム採点・寸評】甲府 5.590分を通じて互角以上の内容を見せたが、最終ラインが失点に直結するミスを連発。2度勝ち越しつつ逆転負けす... 続きを読む

4年連続J1残留の背景に…しぶとく生き抜く甲府カルチャーの基盤となった男の生き様

 甲府は予算規模的に間違いなくこのカテゴリーで最少のクラブだが、それでも4年連続のJ1残留を成し遂げている。15日のFC東京戦を引き分けたことで15位に浮上し、「5年連続」に半歩近づいた。  今季... 続きを読む

【J1採点&寸評】甲府 1-1 FC東京|助っ人に明暗!! 残留への切り札が輝く一方、プラン崩壊呼ぶ一発退場も…

[J1リーグ29節]甲府 1-1 FC東京/10月15日/中銀スタ 【チーム採点・寸評】甲府 5.5前半は苦戦も20戦以上ぶりにセットプレーからの得点で先制。しかし後半は数的有利で空いたスペースを活用... 続きを読む

衝撃の番狂わせ!なぜ「最少得点」の甲府は「最少失点」の横浜から3点を取れたのか

[J1リーグ27節]甲府3-2横浜/9月23日/中銀スタ J1最少得点の甲府が、J1最少失点の横浜から3ゴールを奪って勝った。しかも甲府にとって3得点は今季最多のスコアだ。残留圏内に沈み、6月と... 続きを読む

【J1採点&寸評】甲府3-2横浜|全3点に絡んだドゥドゥは「7.5」。対してミスが目立ったデゲネクは…

[J1リーグ27節]甲府3-2横浜/9月23日/中銀スタ【甲府 3-2 横浜 PHOTO】甲府のカウンターサッカーが炸裂。J1残留に向けて価値ある勝利を挙げる【チーム採点・寸評】甲府 6.5撃ち合いは... 続きを読む

“来季昇格できない”沼津がJ3首位に! 彼らはなぜ熱く、勝利へ邁進できるのか

 J3に『下からの風』が巻き起こっている。23節を前にして、17チーム中の首位はブラウブリッツ秋田で、2位がアスルクラロ沼津。いずれも2018シーズンのJ2ライセンスを取得する見込みが立っていな... 続きを読む

「サッカーは一瞬一瞬の積み重ね」と語ったデュークの予想外のプレーはなぜ生まれたのか?

 シュートの本数は甲府の16本に対して清水が5本。CKも甲府が8本で清水は1本。また記者がカウントしている決定機の数は甲府8回、清水3回だった。  しかしこの試合で勝点3を得たのは清水だった。70... 続きを読む

【J1採点&寸評】甲府 0-1 清水|機転の利いた「声」と豪快なゴール! 決勝点の北川に最高評価

[J1リーグ25節]甲府 0-1 清水/9月9日/中銀スタ 【チーム採点・寸評】甲府 5.5巧妙なプレスで清水の組み立てを阻止しつつ、相手の弱みである背後を突く攻撃を見せた。しかしゴール前の余裕がなく... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ