「まだ夢は捨てていない」コパ準優勝のペルー代表入りを狙う31歳“海外組”Jリーガーの心意気

カテゴリ:Jリーグ

大島和人

2019年07月09日

13歳で家族とともに来日。日本サッカーに慣れ親しんで成長

コパ・アメリカは来年も開催される。その時、ロメロ・フランクの名はペルー代表のスカッドにあるだろうか。(C) Getty Images

画像を見る

 7月7日(日本時間8日未明)に行なわれたコパ・アメリカの決勝で、ペルーはブラジルに1-3で敗れた。しかし36年ぶりだったロシア・ワールドカップ出場、そしてコパ準優勝と、ペルーはその存在感を世界に示している。
 
 Jリーグにもペルー代表入りを目指してプレーしている選手がいる。それはFC町田ゼルビアのロメロ・フランクだ。彼は1987年8月19日にペルーで生まれた日系ペルー人で、13歳で家族とともに来日。サッカー的には日本育ちで、この国で家族も持っているが、ペルー人として母国への思いは強い。

 
 今季の彼は町田へ移籍して2シーズン目で、シーズン前には第一子誕生の慶事もあった。ピッチ内ではチームによりフィットし、攻撃面の貢献が大きい。
 
 177センチ・77キロの彼は、逞しさと上手さを兼ね備えている。ボランチの位置から前線に出ていけるのが持ち味で、今季はすでに4得点を記録している。
 
 5月19日の京都サンガ戦と同26日の岐阜戦で連続得点を決めた。また、6月29日のジェフ千葉戦では芸術的な“ダイレクトループシュート”を決め、それがDAZN週間スーパーゴールに選出された。エリア内で3人抜きを決めた岐阜戦、アイデアと技巧を見せた千葉戦と「印象に残る得点」を決めているのも彼の凄みだろう。
 
 しかし7月7日のレノファ山口戦では攻め上がりが封じられ、チームも0-3と完敗を喫した。町田の攻撃的ボランチは悔しい一戦をこう振り返る。
 
「相手の勢いがすごくて、それにやられた感じです。セカンドボールを上手く拾えなかったので、相手の流れが長かった。個人的にはボールを受けるところが、いつもゴール前じゃなかった」
 
 ロメロがゴールの近くでボールに絡むことは、彼の持ち味を引き出す条件。そのためには町田が相手の守備組織が崩れるような「良い攻撃の終わり方」をして、セカンドボールを高い位置で取れる状態を作らなければいけない。
 
 ロメロは説明する。
「良い時は前が収めて自分が飛び出したり、3人目の動きで(スペースに)出られたりする。今日はそういうところが出せなかった。FWのプレッシャーを受ける前に相手がシンプルに蹴っていたし、そこのセカンドボールを町田が上手く拾えなかった。自分とマサ(奥山政幸)が、もう少し距離感を修正しないといけない」
 
 山口は前後左右にコンパクトなオーガナイズを作り、球際の反応と強度で上回った。それはどのチームもやっている“町田対策”だが、山口はさらに奪ったあとのサイドへの展開も鋭く、町田のタイトなDFを難しくした。ロメロへの警戒も厳しかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ