寺田弘幸 新着記事

広島、大迫敬介の積極性が招いた2失点…。それでも20歳GKのチャレンジに期待したいワケ

[J1リーグ3節]広島1-2大分/7月8日/エディオンスタジアム広島 昨年度まで5年間、サンフレッチェ広島ユースの監督を務めていた沢田謙太郎コーチに、大迫敬介のことをGKとしての特徴からパーソナ... 続きを読む

【岡山】注目は若き両サイドバック!! 0-2から追いついた再開戦で徳元悠平と松木駿之介が見せた可能性

[J2リーグ2節]岡山2-2山口/6月27日/Cスタ 4か月ぶりのリーグ戦に臨んだ岡山は、山口のFWイウリのパワーに苦しめられた。1点ビハインドで前半を折り返すと、後半の立ち上がりも山口にペース... 続きを読む

【J再開後の注目株|岡山】長友佑都を目標とする左利き左SB徳元悠平の覚悟と、中断期間中に芽生えた想い

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、Jリーグはいまだ中断期間にある。J2の再開は6月27日に決まったが、シーズンを戦ううえで今季は総力戦となることは否めないだろう。再開後のJリーグにお... 続きを読む

【番記者コラム】岩政大樹が岡山に“本気の熱さ”をもたらした2年間

「ファジアーノ岡山が、日本のトップクラブとなる力になりたいと思っています。まずはその第一歩として、新しいチームメイト、そしてサポーターの皆さんとJ2優勝を目指します」 インパクトのあるコメントを... 続きを読む

【岡山|新体制】ホーム開幕戦に“満員宣言”も!! 若手が加わり総勢36名の陣容でスタート

 12日、岡山は毎年恒例になってきたイオンモール岡山でのキックオフセレモニーを開催した。 3連休の中日ということもあって大勢のファン・サポーターが見守った中、北川真也社長の挨拶からスタート。12... 続きを読む

【広島|新体制】「良い補強ができた」と手応え。「ブラジルでも名の通った」新助っ人の獲得も発表!!

 1月11日、サンフレッチェ広島が行なった新加入選手発表会見では、5選手が壇上に登った。「ここには点を取りに来ました」と、ストライカーらしくシンプルに挨拶した永井龍(←松本)。「タイト... 続きを読む

【岡山】元同僚、同じ左利きだからこそ知る稀代のレフティの凄さ。上田康太は大一番で“シュンさん”を抑え込めるか?

 J2リーグ40節の金沢戦に引き分け、同39節の鹿児島戦に続き勝点3を獲得できなかった岡山は、順位を9位に下げてJ1参入プレーオフ圏内との勝点差が『2』に開くこととなった。厳しい状況に立たされた... 続きを読む

【岡山】「アイツに取らせてやりたい」J1参入PO争いへ、得点ペースは落ちてもエースへの信頼が揺るがぬ訳

 今季18得点でチーム得点王のイ・ヨンジェの得点が止まっている。 前半戦の21試合は12得点を奪うハイペースで得点を重ねてきた背番号9は、後半戦の初戦となった22節・琉球戦で2得点を挙げて勝利に... 続きを読む

【岡山】2週続けてCBを失うアクシデントも…昇格争いのチームを救う190㎝のエアバトラーに注目!

 2週続けて負傷でセンターバックを失うアクシデントが岡山を襲った。36節・徳島戦で濱田水輝が左下腿部肉離れにより全治4~6週間の離脱となり、37節・長崎戦で田中裕介が右下腿部肉離れにより全治3~... 続きを読む

【J1採点&寸評】広島6-2神戸|直接FKを含む2ゴールの森島司に「7.5」の高採点!神戸守備陣は軒並み低評価に…

[J1リーグ28節]広島6-2神戸/10月5日/エディオンスタジアム広島【チーム採点・寸評】広島 7立ち上がりから狙っていた形で神戸の守備陣を破っていき、後半は見事なカウンターを炸裂させた。テン... 続きを読む

【岡山】「一番ファジアーノを体現している選手」監督・チームメイトが信頼を寄せる背番号17のひたむきさ

 今季に岡山へ加入した田中裕介にチームをけん引する寡黙なMFの印象を聞くと、「半年くらいずっとつかめないなと思いながらやっていたんだけど、ようやく分かってきた」と笑みを浮かべて話してくれた。 「ア... 続きを読む

復帰戦で伝家の宝刀が炸裂!上田康太が見せたプレースキッカーとしての矜持

 上田康太の左足のキックは抜群の精度を誇っている。それはもうJリーグファンには周知のことだろうが、3か月近くの離脱を経て復帰した上田は、あらためて自分の価値を証明するかのように凄みの増したプレー... 続きを読む

「試合に出ていない時は逆にチャンス」J2岡山を支える貪欲な守護神、一森純の心意気

「ホームでのゼロ(無失点)はやっぱ格別ですね。めちゃくちゃ嬉しいです。しかも、しばらく勝っていなかったんで余計に嬉しかったです」  14節・琉球戦で再三のビッグセーブを見せてチームを勝利に導いたフ... 続きを読む

待ち望んでいた舞台で躍動!! 広島、ACL決勝T進出の立役者は堅守を象徴するセンターバック!

 2度目のACLグループステージの突破は、22選手がピッチに立って勝ち取った。文字通りチームの総力を結集して戦ってきたグループステージ(GS)だったが、その中でひとりだけ首位通過の立役者を挙げる... 続きを読む

広島が3戦連続で0-1敗戦…内容は「悪くない」のに接戦を落とす要因は?

「粘り強く耐えることは当たり前のようにできるチームなので、本当に後ろの選手としては助かります。特に2点あったらやられる気はしないですね」  試合開始早々に2得点を挙げた6節のG大阪戦は、リードを悠... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ