多田哲平(サッカーダイジェスト) 新着記事

【なでしこジャパン】“鮫島外し”に見た高倉イズム。指揮官が最後の最後まで貫いたスタンス

 なでしこジャパンこと日本女子代表は6月18日、東京五輪に臨むメンバー18名とバックアップメンバー4名を発表した。 熊谷紗希、岩渕真奈、中島依美らこれまで軸を担ってきた選手たちが順当に選出される... 続きを読む

【なでしこジャパン】格下相手の失点はむしろポジティブ…兜の緒を締めよ

 なでしこジャパンは6月13日、メキシコ代表に5-1で勝利。7月の五輪本大会に向けて弾みのつく結果を掴んだ。 攻撃では前半に攻めあぐねるシーンが少なくなかったものの、終わってみれば5得点。岩渕真... 続きを読む

「本当に頭が痛くて」「家に帰ってため息が…」高倉監督は早くもメンバー選考の苦悩を吐露

 なでしこジャパンこと日本女子代表は6月13日、カンセキスタジアムとちぎで行なわれたメキシコ女子代表との一戦で5-1の勝利を収めた。 東京五輪メンバー発表前最後となったこの一戦では、岩渕真奈をは... 続きを読む

【なでしこジャパン5-1メキシコ|採点&寸評】3ゴールに絡んだ岩渕は別格の存在感!田中もきっちりと結果を残す

[MS&ADカップ2021]日本5-1メキシコ/6月13日/カンセキスタジアムとちぎ【日本代表・総評】6FIFAランク28位のメキシコのスピードとフィジカルに苦しみ、後半途中までなかなか試合の主... 続きを読む

【J1採点&寸評】浦和0-0名古屋|MOMは中盤の“狩人”!ユンカーは5戦連発ならず…

[J1第17節]浦和0-0名古屋/5月30日/埼玉【チーム採点・寸評】浦和 5.5前半からピンチが多く、相手のシュート精度の低さに助けられた。アタッキングサードでの崩しの質など課題は多いが、後半... 続きを読む

浦和の柴戸海がリカルド監督の下で加速度的に成長中!守備専門から万能型へ

[J1第17節]浦和0-0名古屋/5月30日/埼玉 リカルド・ロドリゲス監督率いる今季の浦和レッズにおいて、中盤に欠かせない戦力になりつつあるのが、ボランチの柴戸海だ。 17節の名古屋グランパス... 続きを読む

浦和、名古屋とスコアレスドローでホーム6連勝を逃す…ユンカーも5戦連発とはならず

 浦和レッズは5月30日、J1第17節で、名古屋グランパスと対戦。スコアレスドローで勝点1を分け合った。 4試合負けなしと調子を上げてきている浦和は、4-1-4-1システムで臨む。GK鈴木彩艶。... 続きを読む

小泉&武田の連係は必見!浦和の“W司令塔システム”が示す可能性

 まさに波状攻撃だった。 ルヴァンカップの横浜FC戦で浦和レッズは、立ち上がりから巧みなパスワークを展開。わずか3分で関根貴大のゴールで先制すると、その後も畳みかけるような分厚い攻撃でゴールに迫... 続きを読む

【ルヴァン杯】浦和が横浜FCを2-0で下してGS突破!関根の先制弾と汰木の華麗ショットが炸裂

 浦和レッズは5月19日、ルヴァンカップのグループステージ第6節で、横浜FCと対戦。2-0で勝利を収め、グループステージ突破を決めた。 勝てば自力突破、引き分け以下なら敗退という状況だった浦和(... 続きを読む

クルピセレッソの非効率なサイド攻撃…浮き彫りになった攻め手の少なさ

 試合後、レヴィー・クルピ監督は珍しく口惜しい表情を浮かべて試合を振り返った。「内容的に、どちらかが相手を遥かに上回っていたわけではないので、同点という結果も仕方ないのかなと思います。 ただ後半... 続きを読む

【神戸のベスト布陣を考察】2列目はイニエスタら助っ人揃い…古橋は最前線でこそ生きる

 絶対的な攻撃の軸であるアンドレス・イニエスタの戦列復帰、そしてケニア代表FWのアユブ・マシカ、ブラジルの新進気鋭リンコンの合流――。ここに来てヴィッセル神戸の陣容は一気にスケールアップしている... 続きを読む

すべてはイニエスタに懸かっている!神戸の“看過できない問題”を解決するには?

「イニエスタがスタートから出ていれば、違った結果になったに違いない」 おそらくヴィッセル神戸のサポーターの多くがそう感じただろう。 J1第14節、セレッソ大阪をホームのノエビアスタジアムに迎えた... 続きを読む

【J1採点&寸評】神戸1-1C大阪|劇的同点弾の現役ベルギー代表がヒーローに!先制ヘッドの坂元も高評価

[J1第14節]神戸1-1C大阪/5月15日/ノエスタ【チーム採点・寸評】神戸 6後半途中までなかなか攻撃のリズムを掴めず、75分に先制点を献上。それでもドウグラス、リンコン、マシカの投入で攻勢... 続きを読む

神戸がイニエスタら攻撃陣の猛攻でドローに持ち込み連敗阻止!C大阪は坂元弾を守り切れず…

 ヴィッセル神戸とセレッソ大阪は5月15日、J1リーグ第14節で対戦。1-1のドローで幕を閉じた。 ホームの神戸は4-4-2の布陣。GKには前川黛也、最終ラインは右から山川哲史、菊池流帆、トーマ... 続きを読む

極上のプレーがまだ日本で見られる幸せ。イニエスタは神戸のいち選手という枠に収まらない

 小野伸二は言っていた。「僕が何かを言える立場ではないですよ。もうね、次元が違う。見ているだけで心が躍るというか。ピッチ外でも素晴らしい人格者で、トレーニング中も真面目らしいです。僕も生で練習を... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ