ACL圏内を狙う神戸と浦和の直接対決! 勝負のポイントは“継続性”にあり。プロ分析官が注目の一戦を徹底展望!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月02日

浦和の敵陣での攻撃vs神戸の自陣での守備

浦和が敵陣でボールを保持している際のマッチアップ図。

画像を見る

 浦和は敵陣に相手を押し込めたとき、相手があまり強くプレスに来なかった場合は、3-2-5を形成することが多くあります。この形を作り、相手のシステムとのミスマッチをうまく活用して、汰木康也や小泉佳穂、関根貴大がハーフスペースを使って裏を取る。これが相手の守備陣形を考えたうえで、間違いなく有効な手段になってきます。

 これまでの浦和は、自分たちがボールを保持している際の1回の攻撃時間が長い印象があります。ボールを簡単に失うようなチャレンジングなパスよりも、堅実に繋ぎながら前進して、空いているスペースに人が入っていってそこを使い、もう1度やり直してということをずっと繰り返しているイメージがあります。

 その意図としては、時間を作ってボックスの中に人数を増やすことです。いち早く縦に仕掛けても、中に人がいない状態なので、それを避けるために徐々に押し込み、人を増やしてクロスやスルーパスを狙う。FC東京戦や横浜FC戦のゴールシーンでは、中に5枚いました。こうした自分たちの形をしっかりと出せれば、ゴールまでいけるでしょう。

 守備側の神戸からすると両サイドハーフの後ろ、ダブルボランチの脇を誰がカバーするかが大事です。浦和は1トップの江坂任が図のように下りることがあります。これにより中盤で数的優位を簡単に作らせてしまうので、CBが江坂を見るのか見ないのかも見どころです。

 また、両サイドハーフがしっかり戻って、4人・4人の2ラインがしっかり作れれば、相手が攻撃に人数をかけてきても、自分たちも人数をかけてはね返すことができるでしょう。もしかしたら、かみ合わせを考慮して5-4-1や4-4-2のダイヤモンド型を採用する奇策もあるかもしれません。

 今回のゲームの大テーマは継続性です。神戸の両サイドハーフが守備に戻るのか、前から行くのかといった判断や、浦和は自分たちの攻撃スタイルでの崩し方や、流動的に動いて選手の良い距離感を常に保つことなどの継続性ができるか。神戸の失点は残り30分の時間帯が多いのもありますし、日程による体力面も含め、90分間持続できるか。各局面での継続性が今回の一番の注目ポイントです。
 

Jリーグ優勝クラブで活動していたアナリストの第一任者杉崎健氏。Twitter(https://twitter.com/suzakken)やオンラインサロン(https://community.camp-fire.jp/projects/view/356767)などでも活動中。

画像を見る

【著者プロフィール】
杉崎健(すぎざき・けん)/1983年6月9日、東京都生まれ。Jリーグの各クラブで分析を担当。2017年から2020年までは、横浜F・マリノスで、アンジェ・ポステコグルー監督の右腕として、チームや対戦相手を分析するアナリストを務め、2019年にクラブの15年ぶりとなるJ1リーグ制覇にも大きく貢献。現在は「日本代表のW杯優勝をサポートする」という目標を定め、プロのサッカーアナリストとして活躍している。Twitterやオンラインサロンなどでも活動中。

◇主な来歴
ヴィッセル神戸:分析担当(2014~15年)
ベガルタ仙台:分析担当(2016年)
横浜F・マリノス:アナリスト(2017年~20年)

◇主な実績
2017年:天皇杯・準優勝 
2018年:ルヴァンカップ・準優勝 
2019年:J1リーグ優勝
 
【関連記事】
「期待感がある!」浦和レジェンドOB4人がリカルド体制に言及!タイトル獲得に向けて必要なことは…
U-22代表候補メンバーが発表! 鹿島の松村、清水の松岡、尚志高のチェイス・アンリらが選出
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」
「トミヤスは完璧な右SBだった」アーセナルが冨安健洋を獲得した理由に現地サイトが注目!「ファンの多くが知らなかったが…」
「カッコ可愛い」なでしこ清水梨紗、着圧ソックスブランドのSPムービーに出演!周囲の雑音と闘う姿に反響

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ