ACL圏内を狙う神戸と浦和の直接対決! 勝負のポイントは“継続性”にあり。プロ分析官が注目の一戦を徹底展望!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月02日

神戸の自陣からの攻撃vs浦和の敵陣での守備

神戸が自陣でボールを保持している際のマッチアップ図。

画像を見る

 お互いに、しっかり繋ぎながら、左右に揺さぶりをかけるという面で、ビルドアップの仕方が似ています。常にロングボールで逃げるのではなく、極力下から繋いで自分たちの時間を作る。そういった意味で共通点の多い両チームです。

 この局面で神戸は、図のようにGK飯倉大樹がボールを持った際、彼は足もとの技術だけでなく、視野の広さも持っているので、シンプルにショートパスから始めることもあれば、相手が前から圧力をかけてきたときに1つ2つ飛ばして、ロングボールを蹴ることにもトライします。この選択をどうするかは注目してほしいポイントです。

 GKからCBにボールが出たときに、神戸からすると、川崎戦では相手に外切りプレスをかけられて、なかなか前進できませんでした。今回も浦和のサイドハーフのプレスのかけ方、守備の仕方は気になるところでしょう。
 
 このとき、ボールの出口になってあげたいのがボランチ。またはアンドレス・イニエスタが下がって中央で受けて、逆サイドに展開するといった横の揺さぶりを使って、相手を下げさせることが必要になってきます。

 一方で浦和は、相手のビルドアップ時に極力、中のスペースを使わせないような守備をしたいはず。中切りを基本とすると思われますが、変えてくるかどうか。この図のように前線の2枚がボールサイドに寄ってしまうと、中央のスペースが空いてしまうので、前線の2枚が少し下がって様子を見るといった形も考えられます。また、神戸のダブルボランチがどの位置にいるのかをしっかり見て、状況によって守備の判断を変えることも大切です。

 浦和は、前節のFC東京戦でもそうでしたが、守備のスピード感と強度が非常に上がっています。ですが、神戸はGKから一発のロングボールで、札幌戦のように相手サイドバックの裏を狙ってそこに武藤嘉紀が走り込むといった選択もできます。ショートパスだけではなくロングボールもある神戸を相手に、いかに背後のスペースを使わせないような守備ができるかにも注目です。
 
【関連記事】
「期待感がある!」浦和レジェンドOB4人がリカルド体制に言及!タイトル獲得に向けて必要なことは…
U-22代表候補メンバーが発表! 鹿島の松村、清水の松岡、尚志高のチェイス・アンリらが選出
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」
「トミヤスは完璧な右SBだった」アーセナルが冨安健洋を獲得した理由に現地サイトが注目!「ファンの多くが知らなかったが…」
「カッコ可愛い」なでしこ清水梨紗、着圧ソックスブランドのSPムービーに出演!周囲の雑音と闘う姿に反響

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ