ACL圏内を狙う神戸と浦和の直接対決! 勝負のポイントは“継続性”にあり。プロ分析官が注目の一戦を徹底展望!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月02日

神戸の敵陣での攻撃vs浦和の自陣での守備

神戸が敵陣でボールを保持している際のマッチアップ図。

画像を見る

 神戸が敵陣までボールを運べた場合、選手個々の能力が高いので、サイドを変えながら前進することや、ショートパス、ロングパス、横パス、縦パスなどを効果的に使い分けるなど、様々な攻め方を選択できるチームです。この使い分けをしながら、横の揺さぶりを見せておいて裏を狙うといった方法で、図の赤いエリアをいかに狙えるかがキーポイントになってきます。

 また、中盤の3枚がボールに触ってサイドを変えながら時間を作れたとき、速いタイミングでクロスを入れることが多いです。4試合前の広島戦で佐々木大樹が決めたゴールもこの形からで、この時はニアサイドで合わせましたが、浦和は図のようにアーリークロスでファーサイドを狙われると、やや脆さを見せる傾向にあるので、神戸はこれを狙うべきです。

 神戸の攻撃時の強みは、サイドを起点にすることと、イニエスタのアイデアあるパス。サイドの武藤や中坂勇哉は、足もとで受けてドリブルを仕掛ける傾向にあって、図の赤いバイタルエリアには大迫勇也しかいないことが多いので、この試合においては、このエリアとハーフスペースを効果的に使えるかどうかにも注目です。
 
 浦和は、神戸の前節・川崎戦や29節・札幌戦を見て、いずれの試合でも神戸側の得点の起点となったロングボールを警戒しているでしょう。

 なので、浦和は最終ラインを下げるかもしれませんが、それと同時に中盤の4人も下がらなければ、あいだにスペースが生まれてしまいます。全体として裏を警戒しつつ、危険なスペースを作らないように適切な距離感を保つことが重要です。

 もうひとつの見どころは、両サイドハーフの守備の限定方法が敵陣での守備と同じかという点。敵陣では外を切っていたのに、自陣に入ったら中を切る可能性もありますし、その逆もありえます。

 また、先ほども触れたように、神戸はサイドを起点にアーリークロスを狙ってきます。たとえば右サイドから速いタイミングでクロスを入れられたら、その逆、入ってくる武藤に対する明本考浩のマーキングも見どころです。
 
【関連記事】
「期待感がある!」浦和レジェンドOB4人がリカルド体制に言及!タイトル獲得に向けて必要なことは…
U-22代表候補メンバーが発表! 鹿島の松村、清水の松岡、尚志高のチェイス・アンリらが選出
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」
「トミヤスは完璧な右SBだった」アーセナルが冨安健洋を獲得した理由に現地サイトが注目!「ファンの多くが知らなかったが…」
「カッコ可愛い」なでしこ清水梨紗、着圧ソックスブランドのSPムービーに出演!周囲の雑音と闘う姿に反響

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ