• トップ
  • ニュース一覧
  • 争奪戦の末にFC東京入りが内定。早大3年生MFが高校時代にJ1強豪のアプローチを断るも…大学屈指のタレントに成長するまで

争奪戦の末にFC東京入りが内定。早大3年生MFが高校時代にJ1強豪のアプローチを断るも…大学屈指のタレントに成長するまで

カテゴリ:大学

安藤隆人

2021年10月23日

FC東京を選んだ理由は?

FC東京入りが決まった西堂は、プロ入りへの決意とその後の展望についても語ってくれた。※写真は、インタビュー中のスクリーンショット。

画像を見る

 進路が決まった西堂は今、関東大学リーグで躍動を見せている。リーグ復帰戦となった9月25日の国士舘大戦では前半途中で投入されると、1ゴールをマーク。内定発表直後となった10月2日のリーグ戦の桐蔭横浜大戦では右足と左足で2アシストの活躍を見せると、直近の明治大戦でも敗れはしたが1アシストをマーク。チャンスメーカーとしてスケールアップした姿を見せている。
 

「上の先輩より後輩の方が刺激になりますね。正直、今は唯人と大雅に対して『いよいよ負けていられないな』と思っています」

 そう笑った西堂には冒頭で触れたようにオンリーワンになれる素質を持っている。筆者の想いを彼にぶつけると、引き締まった表情でこう回答をくれた。

「そうなりたいと思っています。三笘薫さんのように強烈な個を出せる選手になりたい。それが僕にとって前への推進力。正直、僕が右利きだったら、高校、大学を通じてこんなに声をかけてもらえるような存在ではなかったかもしれません。だからこそ、左足をもっと磨くのはもちろんですが、右も遜色なく使えることで、自分の特異性をより出せると思うんです。それで出せなかったら『自分の力不足、そこまでだな』と思っています」

 全ては自分次第。高校時代からそれを学んできた彼は、最後にこれからの展望についてこう語った。
「僕の中でア式(早稲田大ア式蹴球部)に対する恩があって、なるべく多くのものをア式に返したいと思っているので、早めに内定を決めたからといって、Jリーグばかりになるのではなく、まずはア式に貢献したい気持ちが強いです。FC東京を選んだことに関してはパリ五輪出場という自分の中での明確な目標を見据えた時に、レベルの高い環境で勝ち抜けないと力をつけて五輪に出られない。競争に負けたら僕がそれまでの力だったということ。そこは覚悟ができています」

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
青森山田MF松木玖生が「僕が求めるものを持っている選手」に挙げたのは? 「勝負したい」ポジションと課題にも言及
「最初は高卒でプロに…」昨冬選手権で主役の早大ルーキーが逆転弾を連発! 躍動の裏側にある大学サッカーへの想いとは?
U-23アジアカップ予選に臨む日本の予想布陣は? J若手の精鋭たちと大学&高校サッカー界屈指のタレントが挑む
U-23アジアカップ予選に臨む日本の中枢へ!大学No.1ボランチが魅せた圧巻のクオリティ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ