争奪戦の末にFC東京入りが内定。早大3年生MFが高校時代にJ1強豪のアプローチを断るも…大学屈指のタレントに成長するまで

カテゴリ:大学

安藤隆人

2021年10月23日

早稲田大3年生の西堂久俊が市立船橋時代にJ1クラブからのアプローチを断ったワケは?

2023年のFC東京加入が内定した西堂。市立船橋から早稲田大に進学し、大学屈指のサイドアタッカーに成長した。写真:安藤隆人

画像を見る

 オンリーワンになれる選手ではないか。

 早稲田大の3年生MF西堂久俊を観ていると、そんな期待感が湧いてくる。両足のボールタッチは非常にスムーズで一瞬のスピード、正確なボールコントロールを駆使して局面を打開する力を持ち、そして左利きという希少性も持つ。右サイドからカットインからのシュートだけではなく、右足で持ち出して縦に仕掛けて正確なクロスを上げることもできるし、左に回ればさらに鋭い縦突破とカットインから左右の足でラストパスを供給することが出来る。
 
 これだけ特異性を持ったサイドアタッカーはなかなかいない。そう思うのは筆者だけでないことは、彼がこれまで多くのJクラブのスカウトを魅了してきたことでも実証される。

 10月1日に早くも2023年からのFC東京加入内定が発表された彼は、市立船橋高時代にすでにJ1の強豪クラブから熱烈なラブコールを受けていた。

「その時は3日間練習参加をして、自分のプレーを割と出せたのですが、高卒プロが僕の中ではリスクに感じたんです。凄く評価していただいて『練習に参加をしてほしい』と言われた時は喜びよりも不安が大きくなったことが正直なところで、これは人生の大きな賭けだなと思ったんです」

 普通の高校生ならば喜んで飛びつくであろう話だったが、彼はそこで本気になって自分の将来について深く考えた。この不安を抱えたままプロの道に進んでもいいのか。ちょうどその頃、彼は早稲田大の練習にも参加し、大学サッカーのレベルの高さも肌で感じていた。

「高卒プロに飛び込んで、もしダメだった時にその後の人生に響いてくる危険性もあるのではないかと考えました。当然、高卒プロに進んだ方がA代表になれる確率や海外などステップアップする可能性は大きくなります。ですが、そのような選手は大きな賭けに勝った選手。正直、僕はそこまでのリスクを負えなかったし、今思うと自信がなかったのだと思います」

 J1クラブからのアプローチを断り、彼は早稲田大進学を決断した。
「もうこんなチャンス(J1の強豪クラブから声がかかること)はないかもしれない。もしかするとこの決断を後悔してしまう時が来るかもしれない」
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
青森山田MF松木玖生が「僕が求めるものを持っている選手」に挙げたのは? 「勝負したい」ポジションと課題にも言及
「最初は高卒でプロに…」昨冬選手権で主役の早大ルーキーが逆転弾を連発! 躍動の裏側にある大学サッカーへの想いとは?
U-23アジアカップ予選に臨む日本の予想布陣は? J若手の精鋭たちと大学&高校サッカー界屈指のタレントが挑む
U-23アジアカップ予選に臨む日本の中枢へ!大学No.1ボランチが魅せた圧巻のクオリティ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ