• トップ
  • ニュース一覧
  • 注目の一戦『横浜対札幌』をプロ分析官が徹底展望! 2週間の準備を経て、両者が用意した戦術は“継続”か“奇策”か?

注目の一戦『横浜対札幌』をプロ分析官が徹底展望! 2週間の準備を経て、両者が用意した戦術は“継続”か“奇策”か?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月15日

札幌の自陣からの攻撃vs横浜の敵陣での守備

札幌が自陣でボールを保持している際のマッチアップ図。

画像を見る

 札幌は基本的に自陣での攻撃では、図のように後ろが4枚、真ん中に1人、前線に5枚を並べる形をとることが多いです。ですが、横浜の前線の4人はハイプレッシャーをかけてくるので、最終ラインが4人だと同数となり、一人ひとりにマークがつかれてはビルドアップが難しくなるため、札幌は奇策として、またなにか違った形にしてくる可能性があると予想しています。

 例えば、G大阪戦や広島戦でほんの一瞬だけ見せていた、中盤に1人で残っている駒井善成を下げて、5-0-5のような形にする策。これにより、最終ラインで数的優位を作ることができますし、真ん中に誰もいなくなることで、横浜のボランチは前に出るべきか、ステイするべきか迷うことになります。こうした相手の守備のズレを誘う奇策を用意しているかもしれません。

 では、真ん中が空洞化してしまっていて、札幌はどう攻めるのか。それは外からボールを回して、ウイングバックのスピードを活かして縦を狙う。あるいは前や斜めにロングボールを入れて、そのセカンドボールをセカンドトップの選手らで拾い、サイドに展開して攻め込む方法があります。中盤を使わないという選択を取った際の札幌の攻め方も見どころです。
 
 どんな方法にせよ、この場面で札幌がシステムを可変してくるのは間違いありません。その相手の自陣の攻撃に対し、横浜が中断期間でどれだけ対策を練れているかですが、札幌は奇策の多いチームなので、ビルドアップの仕方を予想するのは難しいです。試合前の十分な対策はもちろん、実際にピッチに立った数分間で察知して、修正できるか。選手たちの対応力、適応力が試されるでしょう。

 その対応力として、1つは相手のロングボールとセカンドボールへの対応がしっかりできるかが重要です。とくにセカンドボールを拾うことができれば、カウンターのチャンスにもなるので、後ろの6人(4バックとダブルボランチ)で守備を固めて、ボールを奪い、ショートカウンターに繋げられるかに注目です。

 相手のロングボールに対しては、センターバックの岩田、チアゴ・マルチンスがいかに空中戦で勝利できるかです。札幌は最近、ロングキックのターゲットをヘディングに強い田中駿汰にしていることが多い。田中のマークはポジション的にはティーラトンですが、体格差的にもティーラトンに任せるということは考えづらく、ここには岩田が対応する可能性が高いです。

 たった1本のロングボールに競り負けてしまって、背後を突かれるのは避けたいので、横浜としては岩田、T・マルチンスの空中戦の勝率を上げたいところでしょう。
【関連記事】
「なぜ日本ではストライカーが育たないのか?」本田圭佑が海外との比較論を展開!「良くも悪くも二ホンは…」
「ウチダさん、ドイツ語喋れないじゃないですか」日本代表戦士の“ツッコミ”に内田篤人も思わず…「ズバッと言ったなぁ」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」
「フルハシは謝罪すべき」古橋亨梧の発言を元英代表FWも批判! ファンやメディアからは擁護の声「彼はスケープゴートにされた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ