「フルハシは謝罪すべき」古橋亨梧の発言を元英代表FWも批判! ファンやメディアからは擁護の声「彼はスケープゴートにされた」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年10月14日

「あんなことを言うべきじゃなかった」と苦言

古橋の発言が思いがけず反響を呼んでいる。(C)Getty Images

画像を見る

 古橋亨梧の発言は、いまだ議論の的となっている。

 古橋は先日、日本メディアに対する取材で、冨安健洋のアーセナルでの活躍を受け、セルティックで結果を残すことがプレミアリーグへの「近道」になると話した。これが現地に伝わると、サウサンプトンが関心を寄せているとの噂が浮上したこともあり、一部からは批判の声が寄せられている。

 例えば、スコットランドでの経験が豊富な元選手のノエル・ウィーランは、『Football Insider』で「契約しているクラブに集中するべき」「少し敬意を欠いている」と、去就を語るのは早計だと指摘した。

『THIS IS FUTBOL』によると、そのウィーランの批判に対し、セルティックの一部サポーターが反論している。ウィーランの主張を伝える『Celtic Insider』のフェイスブック投稿には、以下のようなコメントが届けられた。

「少なくとも彼は正直だ。その移籍のための仕事をすれば、それは我々にとっても有益でしかない」
「彼はスケープゴートにされた。人には野心がある。彼に自分のプレーをさせ、価値を証明させよう」
「彼が言い出したことじゃない。考えるかどうかを尋ねられたんだ。すべての選手(そして一般的にすべての人)が野心を持つもの。それは良いことだ」
「質問によらないか? 文字どおり、彼はセルティックで集中し、生き残ることが必要と答えた。プレミアについて質問されて、『悪いが興味ない。残る人生はセルティックで』とは言わないだろう」
「彼の発言の何が間違えている? 彼が言ったのは、良いパフォーマンスでその道が開けるということ。今それを望んでいるとか、セルティックでベストを尽くさないとかを言ったのではない。良いパフォーマンスがその助けになるはずと言ったんだ。それはセルティックにとって良いことでしかない」
【動画】元アーセナルの名手も称賛! 抜群の得点感覚で奪った古橋の「胸ゴール」
 

 それでも、古橋に対する批判の声は止まらない。アストン・ビラで活躍した元イングランド代表FWのガブリエル・アグボンラホールは、『Football Insider』で「彼はあんなことを言うべきじゃなかったと思う」と苦言を呈している。

「自分だけにとどめて口にしないでおくべきことだ。代理人や親しい友人には言っても、インタビューでは言わない。セルティックに敬意を欠くことになるからだ。彼は謝罪すべきだと思う」

 快足が売りだったアタッカーは「まだ来たばかりなのだから、セルティックに敬意を払わなければならない」と続けた。

「数試合が良かったからと浮かれてプレミアについて話してはいけない。セルティックのためにベストを尽くし、チームにタイトルを取り戻させることだけに集中しなければならない」

 しかし、このアグボンラホールの発言にも反論が寄せられた。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【関連記事】
「彼がスタメンじゃなくて驚いた」本田圭佑の日本代表に関する発言を英紙が報道!「なぜもっと使われないのか…」
「なぜ古橋を使わない?」日本代表の豪州戦スタメンにファン紛糾!「中盤3人は最高」
久保建英の「推定市場価格」が再急落、1年で3分の1に減少! 最新の「日本人トップ30」の顔ぶれは?
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」
「敬意を欠いている」古橋亨梧の発言に元選手がまさかの苦言!「セルティックに集中すべきだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ