【礒貝洋光×松波正信|特別対談】語り継がれる選手とは? ふたりが導き出したレジェンドの条件

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年06月04日

レジェンドと言えば稲本も(礒貝)

G大阪に一時代を築いた遠藤(中央)。41歳となった今も現役を続けている。現在はレンタルで磐田でプレー。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

――おふたりがガンバで一緒にプレーしたのは96年までで、ここからは97年以降のレジェンドも話したいです。例えば97年に加入したエムボマ選手はレジェンドのひとりですよね。

松波 もちろんです。

――96年に退団した礒貝さんとの共演が叶わなかったのは非常に悔やまれるなと。そこで想像上の質問です。もし礒貝さんとエムボマ選手が一緒にプレーしたら、どんなサッカーを見れたと思いますか? これは両者を知る松波さんに聞きたいです。

松波 もちろんエムボマがもっと点を取ったんじゃないかなと。……と、僕の負担が増えるかな、ふたりともあまり守備をしないので(笑)。

礒貝 ハッハッハ(爆笑)。いやいやいや~。

松波 でも、礒貝さんが凄いところにパスを出し、それにエムボマが凄いランニングで反応し、そして凄いシュートを決める。そういう想像はできますよね。

礒貝 97年にエムボマは25点を取ったけど松波も得点は多かったよね?

松波 その年は13得点ですね。まあ、僕のことよりも、ふたりが共演したらと想像するとワクワクしますよ。

礒貝 面白かったかもね。

松波 パスを出せば、エムボマは必ず走ってくれます。

礒貝 そうだよね、対峙した相手に負けないからね。楽しい、楽しい。

――さて、97年以降で他のレジェンドはどうでしょう? おふたりが一緒にプレーした96年まででレジェンドを選んだ基準とは、また視点を変える必要があると思います。

松波 チームを象徴する存在もレジェンドと呼べますね。

礒貝 あとは長くチームに貢献している選手も。
 
――今挙がったふたつの視点で、97年以降のレジェンドを選ぶと?

礒貝 遠藤(保仁)。いろんな意味で凄い。素晴らしいよ。

松波 遠藤が加入してチームカラーが変わりましたからね。出場数、得点数、タイトル獲得数も彼が圧倒的。

礒貝 淡々としていて、冷静だし。

松波 まさに職人ですよね。

礒貝 あと他のレジェンドと言えば稲本(潤一)も。

松波 あとは明神(智和)、加地(亮)、山口智、アカデミーで育った二川(孝広)や大黒(将志)あたりもですよね。

――同じ10番として、礒貝さんは二川選手をどう見ていますか?

礒貝 ごめん、98年の引退後は違うことをやっていたから、しっかりはサッカーを見れていない(笑)。

――すみません、失礼しました。では松波さん、礒貝さんと二川選手を比較してみるとどうでしょうか?

松波 創造性や技術は同レベルです。ただ、礒貝さんのほうが「おぉ!」というプレーが多く、二川のほうが堅実。もちろん二川も「おぉ!」というプレーはありましたけど、礒貝さんとは「おぉ!」の大きさが違う。

――礒貝さんの「おぉ!」というプレーはなぜできるんですか?

松波 なんでですかね。凡人には分からないです(笑)。

礒貝 なんも考えていないよ(笑)。
 
【関連記事】
「スーパーゴールすぎやろ」ガンバ、宇佐美の徳島戦V弾にファン大反響!「初見はオフサイド?って思ったけど…」
“弟”永井秀樹のために駆けつけた礒貝洋光。今は大工の見習いも「半分はそんな感じ」。ではもう半分は?
「綺麗な崩し」「涙が出た…」パトリックが決めた松波ガンバ待望の初ゴールにファン歓喜!
ガンバ、解任ブーストは発動せずも…浦和戦で今季初めて相手を上回ったシュート数。反撃への光は見えたか?
「ガンバのために…」G大阪、松波“暫定”新監督が掲げる意識改革。目指すは「シンプルにゴールを狙う」スタイル

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ