【礒貝洋光×松波正信|特別対談】語り継がれる選手とは? ふたりが導き出したレジェンドの条件

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年06月04日

アレイニコフなんでもできる。本当に凄い(礒貝)

G大阪では3シーズンに渡り、プレーしたアレイニコフ。松波は「一緒にプレーしてみないと本当の凄みは分からない」と言う。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

礒貝 でも、そんな選手たちもみんな古沼(貞雄)監督に従順なわけで(笑)。先生のカリスマ性なしでは帝京のレジェンドを語れない。

松波 そうですね。実際に僕も古沼監督という偉大な先生の指導を仰ぐのはすごく憧れていましたし。

――選手ではありませんが、ある意味「帝京史上最高のレジェンド」は古沼監督と言えるかもしれませんね。

礒貝 それはもちろんそうですよ。

松波 間違いないです。

礒貝 ひと言で言うなら、“お父さん”みたいな存在。だから有望な選手が集まったんだと思う。

松波 そうですね。それに古沼監督が務めていた当時のほうが、今よりも選手を集めるのは大変だったと思います。そのなかで帝京の歴史を築き上げ、自然と子どもが憧れるチームを作り、そしてまた有望な選手が入ってくる。そういうサイクルを生み出したのは凄いです。

――それでは本題に入ります。ガンバのレジェンドは誰でしょう? おふたりはJリーグ開幕初期のメンバーなので、先ほどの帝京の話のように「憧れた先輩」という視点から変える必要があります。国語辞典によるとレジェンドの意味は伝説的人物。なので、おふたりが一緒にプレーして感じた「語り伝えるべき凄い選手」を聞かせてほしいです。

礒貝 それならアレイニコフ。ね?

松波 はい、同感です。

礒貝 なんでもできるんだもん。本当に凄いよ。まさにレジェンド。

松波 一緒にプレーしてみないと本当の凄みは分からないですよね。

礒貝 そうだね。

松波 バリバリのソ連(ソビエト連邦)代表でしたから。

礒貝 そうそう。さすが、(89-90シーズンに)ユベントスでプレーしていただけある。なんでも上手い。

松波 技術が高いんですよね。ほとんどミスしないし、サッカーをよく知っている。ただ、100パーセントでやっていなかったと思いませんか? 

礒貝 確かに、たぶんそうだと思う。
 
松波 本気じゃないのは礒貝さんもですけどね?(笑)。

礒貝 俺は400パーセントでやっていました(笑)。

松波 いやいや、礒貝さんが400パーセントの力を出していたら、とんでもないことになっていましたよ(笑)。

礒貝 いやいやいや(照れ笑い)。

――アレイニコフ選手はどんなパーソナリティを持っていましたか?

礒貝 (笑って冗談交じりに)俺は性格が合わなかった。

松波 ハハハ(笑)。僕もなんとも言えないですね。当時の僕はまだ10代で若手だったので、あんまり喋らなければ、一緒にいる時間もほぼなかったです。ただ、アレイニコフから何かを吸収したい、彼に認めてもらいたいとは思っていました。
 
【関連記事】
「スーパーゴールすぎやろ」ガンバ、宇佐美の徳島戦V弾にファン大反響!「初見はオフサイド?って思ったけど…」
“弟”永井秀樹のために駆けつけた礒貝洋光。今は大工の見習いも「半分はそんな感じ」。ではもう半分は?
「綺麗な崩し」「涙が出た…」パトリックが決めた松波ガンバ待望の初ゴールにファン歓喜!
ガンバ、解任ブーストは発動せずも…浦和戦で今季初めて相手を上回ったシュート数。反撃への光は見えたか?
「ガンバのために…」G大阪、松波“暫定”新監督が掲げる意識改革。目指すは「シンプルにゴールを狙う」スタイル

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ