【礒貝洋光×松波正信|特別対談】語り継がれる選手とは? ふたりが導き出したレジェンドの条件

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年06月04日

加入1年目からガンバを強くしたい想いはあった(松波)

G大阪の前身・松下時代からチームを支えた永島。J開幕初年度には12ゴールを挙げ、チーム内得点王に。(C)J.LEAGUE

画像を見る

――日本人選手のレジェンドは? 

松波 それは僕にとっては礒貝さんですよ。一緒にプレーしたくてガンバに加入して、実際にチームメイトになれて、アシストもしてもらって。やっぱり凄いなって思いましたから。

礒貝 え!? あ、恐縮です(笑)。(照れながら)当時の僕はね、遊びの延長みたいにサッカーしていたから。今の選手たちは職業として完全なプロフェッショナルだよね。凄い。俺も真面目にやれば良かったなと反省しています(笑)。

――さすがにそんな不真面目じゃなかったですよね? 主将も務めていたぐらいですから、チーム内で影響力はあったんじゃないですか?

松波 もちろん、ありましたよ。

礒貝 良いほうにも悪いほうにもあったかも(笑)。

松波 それは否定できません(笑)。

礒貝 おい(笑)。まあでも、グラウンド上ではキャプテンだから、例えばユースから昇格した直後のツネ(宮本恒靖)とかには、厳しく言っていたよね。ただ、それは必要なことしか指摘していないし、彼は実際に日本代表にもなっているから、良いアドバイスだったんじゃないかな? できる選手の松波には特に厳しく言わなかったはず。

松波 いや、動き出しのタイミングとか、要求はかなり高かったですよ。

礒貝 え、そうかな? ちょっと言っていたかもしれないね(笑)。

――今名前が挙がった宮本氏はレジェンドのひとりになりますよね。

礒貝 そうだね。やっぱり長くクラブに在籍できるのは凄い。そういう意味では松波はもっと素晴らしい。FWは1、2年でダメだったら外国籍選手を補強され、自身は放出されてしまう傾向が強いポジションだから大変だと思うけど、プロ入りから引退までガンバに居続けた。本当に凄い。だから今があると思う。

松波 そう言っていただけるのはありがたいです。まあ、最後のほうは、役割的にスタメンではなかったですけど、なにはともあれ、加入1年目からガンバを強くしたい想いはありました。いろんな方々が作り上げたガンバの歴史を、引き継いでいかないといけない気持ちも持って頑張った甲斐がありましたね。
 
――FWと言えば、Jリーグ開幕初年度にチーム内得点王の永島(昭浩)さんも歴史を作ったひとりです。

松波 そうですね。僕は同じFWなので、すごく勉強になりました。点を取るための動き出しなどアドバイスももらいましたし、華やかでしたよね。日本人初のハットトリックも決めましたし。当時のガンバを象徴するレジェンドでした。

礒貝 良い意味で掴みどころがないというか、意外性のあるプレーも多かったよね。

松波 そうですね。言葉で言い表わせない凄みがありました。
 
【関連記事】
「スーパーゴールすぎやろ」ガンバ、宇佐美の徳島戦V弾にファン大反響!「初見はオフサイド?って思ったけど…」
“弟”永井秀樹のために駆けつけた礒貝洋光。今は大工の見習いも「半分はそんな感じ」。ではもう半分は?
「綺麗な崩し」「涙が出た…」パトリックが決めた松波ガンバ待望の初ゴールにファン歓喜!
ガンバ、解任ブーストは発動せずも…浦和戦で今季初めて相手を上回ったシュート数。反撃への光は見えたか?
「ガンバのために…」G大阪、松波“暫定”新監督が掲げる意識改革。目指すは「シンプルにゴールを狙う」スタイル

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ