プロ分析官が注目の上位対決『横浜vs神戸』を徹底展望! 両サイドアタッカーの“異なる狙い”に注目!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月08日

神戸の自陣からの攻撃vs横浜の敵陣での守備

神戸が自陣でボールを保持している際のマッチアップ図。

画像を見る

 神戸も攻撃のスタートは、横浜と同様にGKからグラウンダーで繋ぐ、もしくはGKからのミドルパスで相手のプレスをかわすという方法が多いです。

 神戸はこの図のようにサンペール選手が少し下りて、菊池選手、トーマス・フェルマーレン選手との3人でオナイウ阿道選手とM・ジュニオール選手との3対2を作りたいと思いますが、横浜は両ウイングの前田選手とエウベル選手が前から激しくプレスにくるので、3対4になってしまいます。

 エウベル選手と前田選手が前に出てくるということは、神戸のサイドバック、酒井高徳選手と山川選手がフリーになる。前節の広島戦でもありましたが、GKの前川黛也選手が酒井選手や山川選手に対して、ハーフウェーラインぐらいのところをめがけてロングフィードを出すことが多くあります。彼らふたりはヘディングが強い特長があって、一方でティーラトン選手と松原選手は空中戦にそこまで強いわけではない。なので、そこでの空中戦によって神戸が敵陣に進入できてしまうケースが多くなるのではないでしょうか。
 
 その際、ティーラトン選手と松原選手は、相手のサイドハーフの選手を捨てていく素早い判断をしなければいけない。これが遅れてしまうと、この図のように前川選手からのロングフィードで競り負けてしまい、井上選手に裏に走り抜けられてしまうことも考えられます。

 さらに、中に入ってくる井上選手や中坂選手に対して、横浜のダブルボランチがどれだけサポートにいけるか。彼らふたりは守備面で非常にクレバーで、どこにボールが落ちてくるかの予測力もありますが、そこが一瞬でも遅れてしまうと、一発で裏を取られてしまう。ダブルボランチの守備範囲をサイド、もしくは後ろにどれだけ広げられるかが横浜側の守備のポイントですね。

 また中坂選手と井上選手はもっと下りることもありますし、もう少し中に入ることもあるし、2トップの一角の佐々木大樹選手とポジションが入れ替わることもある。自由に動いて、フリーになれるスペースを見つけるのがうまいふたりなので、そこへの準備を横浜がどれだけできるかも注目ポイントですね。
 
【関連記事】
「どんだけカッコいいんだよ」横浜・喜田拓也の人柄と金言に反響続々!「好きにならざるを得ない」
「可愛すぎてスタメン頭に入ってこない」鳥栖の先発11人、子どもたちが描いた似顔絵に喝采の声!
識者が判定! 久保建英と三笘薫、いま凄いのはどっち?<1>ともに課題は守備力も、現時点では圧倒的に…
「セルビア全体に屈辱を与えた、恥だ」浅野拓磨への給与未払いを選手組合会長が糾弾!「アサノの行為は陰湿ではない」
UEFAがESL離脱9クラブの処分を発表! 欧州大会の収益5%カットや寄付に合意。撤退拒否のマドリー、バルサ、ユーベには1億ユーロの罰金の可能性

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ