「セルビア全体に屈辱を与えた、恥だ」浅野拓磨への給与未払いを選手組合会長が糾弾!「アサノの行為は陰湿ではない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月06日

「浅野は外国人選手の特権を利用しただけ」

浅野の契約解除問題でセルビアのサッカー界が揺れている。(C)Getty Images

画像を見る

 セルビアで小さくない話題となっているのが、浅野拓磨の契約解除問題だ。

 チームトップの18ゴールを挙げるなど、強豪パルチザンの主軸としてプレーしていた浅野は5月2日、給料未払いやそれに対する不誠実な対応により、クラブからの「リスペクトを感じられなくなった」として、契約を解除したことを発表した。

 だが、クラブ側は「契約違反である」として訴訟沙汰にする意向を示唆。チームメイトからも「裏切られた」と批判の声があがるなど、大騒動となっている。

 そんななか、そもそもの発端となったパルチザンの給与遅延を批判したのが、セルビアのメディア『DANAS』だ。

 まず『DANAS』は、「パルチザンの関係者全員が、アサノの退団を“陰湿な行為”であるとしたが、本当の意味で日本人の権利に異議を唱えることができる人はほとんどいない。外国人選手に適用されるFIFAの規則は明確だ」とし、浅野の振る舞いの正当性を指摘した。

「2度給料が遅れた場合、選手はクラブに公式のリクエストを送り、15日以内に回答を受け取る権利がある。そして、その答にかかわらず、アサノがそうしたように、一方的に契約解除を通知する権利もあるのだ」

【動画】ファン衝撃!浅野拓磨の驚愕“70メートル3人抜きドリブル”はこちら
 さらに、「道徳的な観点から、イースターに退団したことは一見欠陥のある行為だったかもしれない。一方で、誰にとっても、どんな仕事にとっても、稼いだ給料が遅れることについて、道徳的なことを言うのは難しい」とし、セルビアの選手組合会長であるミルコ・ポレディカ氏のコメントを掲載している。

「アサノがやったことは仕事であり、陰湿な行為ではない。彼は補償なしでクラブを去る理由があることに気づき、そうした。パルチザンは未払い分を返済するかもしれないが、夏に別のクラブが約300万ユーロ(約3億7500万円)の補償金(移籍金)を支払うよりも、この機会を利用してフリーで出て行くほうがよいと思ったのだろう」

 記事は、浅野は給与が遅れた場合に頼る人すらいない外国人選手に定められている“特権”を利用しただけだと綴り、現役時代はDFだったポレディカ氏の「この件に対する最大の責任は、パルチザンのビジネスディレクターにある」というコメントも紹介している。

「パルチザンは自分たちだけでなく、セルビアのサッカー全体にも屈辱を与えた。ヨーロッパのカップ戦で定期的にプレーしている素晴らしい伝統を持つ立派なクラブであるパルチザンにとって、前例のない恥だ。セルビアはプレーヤーの支払いに問題があるためという悪い評判が立ち、今となっては状況を悪化させるだけだ。パルチザンは、大きな問題を引き起こした。適切な支払いをしていないという評判のあるクラブにサインする際、それなりに有名な海外の選手なら、誰でも考えるだろう。それは計り知れないダメージだ」

 浅野の契約解除に端を発したこの問題は、セルビア・サッカー界全体を巻き込んでいるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ